【妊婦さん必見!】身体に必要な太陽光☀でビタミンD摂取‼

オゾン層の破壊が進んで、紫外線の有害物質が直接地上まで到達する割合が多くなった現代・・

シミ・シワの大敵、紫外線!

日差しの強弱に限らず、紫外線量は曇りでも高かったりします。

そう聞くと一層防御したくなりますね。

でも、成長に必要なビタミンで太陽の光から得る事ができる物があるって、ご存知でしたか?

そして、私たちに必要な対策と太陽の役割を見ていきましょう。

スポンサーリンク

大切な紫外線対策


そもそも紫外線はどんな働きをしているのでしょうか。

紫外線て何?


紫外線とは太陽光の成分のひとつです。

肉眼では見ることが出来ない「不可視光線」です。紫外線は、可視光線(目に見える光線)よりも波長が短く、またX線より長い電磁波。 地球の表面に届く太陽光線全体の中の約6%ほどと言われています。

可視光線は「赤」「橙」「黄」「緑」「青」「藍」「紫」の7色で構成。いわゆる「虹色」です。紫外線は、この光線の中で紫の外側に位置しています。「紫を超えた」という意味のラテン語【ultra-violet】が語源になっているのはこのため。紫外線を度々【UV】と表記するのはこの【ultra-violet】から来ています。

引用:紫外線対策ナビ

なるほど。

言葉の成り立ちは面白いです♪

紫外線には、A波、B波、C波の3種類があり、そのうちA波、B波が地上まで到達しています。

そしてオゾン層の破壊によって、地上への到達量が多くなってしまっているB波が問題になっています。

紫外線はシミ・シワなどの肌の老化や、皮膚がんの原因にもなります。。

眼の対策していますか?


そして、紫外線は肌への影響だけでなく、白内障の原因と大きく関係しているということがわかってきました。

紫外線は眼の奥にある水晶体で吸収されるといわれています。

長年にわたり紫外線を浴び続けると水晶体に変化が現れ、濁ってくるそうです。

水晶体が濁って、白くなり視力を失ってしまうのが白内障です。

紫外線は1年を通して降り注いでいますが、春先から秋口までの時期には積極的な対策が必要です。

「眼はむき出しの臓器」と言われ、眼を開けている間は、光や風、刺激を直接受ける唯一の臓器です。

眼球はたった2個しかなく、それでいて生活の中で眼から入る情報の占める割合はとても多いです。

UV加工の施されたサングラスの使用することで、眼からの日焼け防止と眼への負担の軽減が一度にできます。

眼を長く大切に使っていく為に、サングラスを上手に使いましょう。

スポンサーリンク

ビタミンDの役割

ビタミンD…あまり聞いた事がないようにも思いますが、どのような働きなのでしょうか。

成長に必要不可欠なビタミンD


ビタミンDには、カルシムの吸収を高め骨を強くする働きがあります。

そして、カルシウム吸収を高めてくれるだけでなく、免疫力アップ・セロトニンの分泌促進・体内時計のリセットなど、太陽光が身体に与えてくれるものは沢山あります。

また、近年筋力アップにも効果があるということも研究で確認されているそうです。

よく耳にする、骨粗鬆症ですが、実は骨密度は10代から気を付け始めてもなかなか増やすことが難しいのをご存知でしょうか。

その点も含め、慢性的にビタミンD不足の人が多い日本人は積極的にビタミンDの摂取が必要なのかもしれません。

ビタミンDを多く含む食品!それは魚類やキノコ類なのです。

そして、食品類100g中のビタミンD含有量で100位まではすべて魚類・キノコ類なのです!

厚生労働省が発表した「我慢」日本人の食事摂取基準 2015年版」によると,1日のビタミンDの推奨摂取量は成人男性・女性ともに5.5μgだそうです。 <「μg」の読み方はマイクログラムで100万分の1です。ピンときませんね・・💦>

ランキングが知りたい方はこちらからどうぞ。

※色々調べてみましたが、含有量重視だと一番分かりやすいと感じました。

魚離れが進んでいる今の日本。

皆さん、日々の食生活の中でお魚、きのこ、どのくらい食べていますか?

今日から少し意識してみてはいかがでしょうか。

TV「たけしの家庭の医学」で特集

11月6日の放送は「高血糖・頻尿・認知症SP]でした。

その中で高血糖予防として、ビタミンD摂取が良いと専門医の方が解説していました。

私が一番気になったのは、「ほうれい線の深さで将来高血糖によるリスクをみる」点でした!

専門医の方のご意見なので一理あるとは思いますが…しばらく自分で試してみます(笑)

ビタミンDが欠乏すると・・

そして、こちらも気になります。

具体的な障害として、子供では、骨の成長障害(くる病)。

大人では、骨軟化症。

そして高齢者では、骨折リスクの増加 などがあるそうです。

ビタミンDを生成するためには!   

紫外線が気になる太陽の光ですが、ビタミンDは太陽の光を浴びることでも生成されます

紫外線による日焼けも心配ですが、強い日差しの時期は10分~15分の日光浴で良いそうです。

成長にも関わる重要なビタミンDは、お腹の赤ちゃんの為にも妊婦さんは積極的に摂っていただきたいです!

高齢者の仲間入りをしても、益々元気に過ごすために、積極的に行動しましょう。

どうしても日焼けが不安な方は、手のひらを太陽にかざしたり、足の裏の日光浴も効果があるそうです。

身体と密接な関係にある太陽の光・・

太陽の下は、気持ちも元気になりますよね☺

1日に消費される以上に得られたビタミンDは体内で蓄積され、ある程度はその効果が持続することが判っています。

引用:独立行政法人国立環境研究所

紫外線対策は大切なことですが、日光浴でビタミンDを積極的に身体に取り入れていくことも、意識していく必要がありそうです。

まとめ

紫外線の弱い冬では、日本の南北でも同じ量のビタミンD生成にかかる時間が違ってくるそうですから、場合によってはサプリメントで体内に補給するのもひとつの方法かもしれません。※サプリメントで摂取の場合は取りすぎに注意が必要なです、よく調べてからのご使用をお勧めします。過ぎたるは・・

個人的に、どの世代の方にも少しでいいので、外に出て欲しいと思っています!

太陽や風、色々な音をたくさん感じて欲しいです。

ご自身の生活パターンの中で出来そうなことからやってみてはいかがでしょうか?

気持ちも上げていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました ^^

11月7日更新

ご興味ある方は「氣の威力」にもぜひお立ち寄りください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする