【名古屋夫婦殺害】死亡夫婦の息子・米原育隆(やすたか)容疑者顔画像はこちら!両親殺害容疑で逮捕!「両親は世界一周の船旅で・・」

3月22日名古屋市港区でご夫婦の男女2人が遺体で発見された事件で、25日5時過ぎ、両親殺害容疑で長男が逮捕されました。

愛知

新聞配達の集金スタッフに両親が長期旅行でいないとはなしていた長男。

発見まで、一緒に?

スポンサーリンク

事件概要


出典:日テレNEWS

逮捕されたのは名古屋市港区の無職・米原育隆容疑者(37)。父親の遺体を自宅に遺棄した疑いがもたれています。

 今月22日にみつかった2人の遺体。米原容疑者の父親の達治さんと母親の孝子さんでした。

 2人の遺体には複数の傷があり、1月25日には死亡していたとみられています。

引用:CYUKYO TV

この事件の第一報は、

 発表によると、米原さんの取引先の男性が13日に交番に「夫妻と連絡が取れない」と通報した。港署員が翌14日、息子とみられる人物と電話で話し、22日午前に同署で会う約束をしたが現れなかった。署員が米原さん宅の窓ガラスを割って室内に入り、1階寝室で寝間着姿の2遺体を見つけた。

 司法解剖の結果、2人は死後1~2か月で、死因は、男性が刃物で刺されたことによる出血性ショックで、女性は刺し傷による外傷性ショックか、首を絞められたことによる窒息死だった。捜査本部は2人が同じ日に襲われたとみている。

 近くの新聞販売店の店員によると、集金スタッフが10日、米原さん方を訪れた際、息子が応対し「両親は世界一周の船旅に出掛けている。5月の大型連休まで帰らない」と話したという。遺体発見時、玄関は施錠され、郵便受けに新聞や手紙はたまっていなかった。

引用:読売新聞

米原さんは新聞料金を口座引き落としにしていて、そのお金が2か月滞っていたために、集金スタッフが自宅を訪問したようです。

事件現場特定


出典:TBSNEWS

名古屋市港区福前地区は中州状態の立地のようです。

特徴のある建物があるので場所の特定は容易です。


出典:TBSNEWS

mapの季節が今ぐらいなのでしょうか、ニュース映像と同じようですね。

田んぼか畑か・・お水が豊富な立地ですから田んぼかな。


出典:Googlemap

米原さんご夫婦は1月25日には死亡していたとみられていますが、2か月間も、息子は両親の亡骸と同じ屋根の下に一緒にいたのかどうか・・


出典:CYUKYO TV

22日の遺体発見当時、周りには大量の消臭剤が置かれていたそうです。


出典:日テレNEWS

発見を遅らせるために置いたのでしょうか。

それとも、自身のしてしまったことの後悔からでしょうか。。

スポンサーリンク

米原育隆容疑者顔画像・潜伏場所は?

米原育隆容疑者顔画像


出典:Nスタ

現在はだいぶ体格が違います。


出典:news every

名前:米原育隆(よねはら やすたか)

年齢:37歳

職業:2018年5月から無職

学歴:大学院卒(2年前に容疑者と会った知人談)

潜伏場所は自宅から3キロのホテル

遺体発見前から行方不明だった育隆容疑者は数日間、蟹江町のホテルに潜伏していました。


出典:CYUKYO TV

25日の午前、こちらのホテルの駐車場で、捜査員が米原容疑者の車をみつけたそうです。


出典:CYUKYO TV

逮捕された37歳の息子は両親殺害容疑を認めているという事です。


出典:CYUKYO TV

ネットの反応

★去年5月に退職だから、精神的に何かあったのかな。

★やっぱり仕事しないことを怒られてのパターンか。無職を心配するのは親として当たり前だと思う。子供のことを思って注意したこと。それに逆ギレして殺すとは。。。カッとなってやったことだとは思うけど、いつか後悔する日が絶対来ると思う。後悔してからじゃ遅いけど。バカなことをしましたね…いくら後悔しても両親は戻ってこない、楽しかった幸せだった子供のころを思い出して苦しむでしょうね。

★37歳、独身、無職、実家暮らし…。普通の親は発破をかけるでしょうよ。
子供の立場では自覚があるほど耳が痛くて鬱陶しいと思うのも自然。親子喧嘩はあり。でも、それで親を殺しても仕方ないとはならない。
逃げるでも出頭するでもなく何日も証拠隠滅を図っていたなら確信犯でしょう。

★人を殺して、しかも両親を
これから一生台無しになる事を考えたら働いた方がいいと思うけど
そんな当たり前の事が考えられない人なのかな

引用:Yahoo!コメント

山形で同居の両親を殺害の45歳無職の息子は再逮捕されています。

詳しい記事はこちら ⇒ 【山形朝日町、高齢夫婦殺害】

スポンサーリンク

日本特有の殺人事件

介護のストレス虐待の末とは違う、「憎悪」。

ご夫婦は一生懸命息子を何とかさせたいと世話を焼いていたと思います。

心も痛めて、どうしたらよいか話し合っていたと思います。

大学院を出た自慢の息子。

世間体もあり、必要以上に責め立ててしまったのでしょうか。

メディアの元刑事のコメンテーターによると、

殺人事件が少ない日本ですが、元々近親者(親族)殺人は40%以上と高い割合いだったようです。

それが、近年は60%に達し、これは日本特有の数値だそうです。

そして、「甘え」があるのではとも。

おわりに

引きこもりの人口はわかっているだけで70万人以上と言われて久しいです。

親にパラサイトする子供は多く、超高齢社会の日本だから何とかなっているのだと思います。

勤勉な日本人。

ここまで経済を引っ張ってきた時代の方達だからこそ、「子供には苦労させたくない」というお気持ちも強いのかもしれません。

でも、「お前の為」といいながら実は己の欲求のため、保身のための親も少なくありません。

ライオンではないですが、崖から突き落とすくらいの厳しさ「時の見極め」が必要に思います。

順当にいけば親が先に逝きます。

本当に子供の事を思うなら、子供達の40代50代を考えてみて欲しいです。

そして、自身の晩年もしっかり考えないと・・・

最後までお読みいただきありがとうございます。

3月26日更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする