【大麻所持】空手家・故大山倍達さんの孫、大山照羅(おおやまあきら)容疑者執行猶予中にまた!

東京・新宿区で大麻を所持していたとして、空手家の大山倍達さんの孫ら3人が現行犯逮捕されました。

警察官はパトカーから目をそらした不審な動きを見逃しませんでした!

流石です。

スポンサーリンク

事件概要

警視庁によると、大山照羅容疑者ら3人は、26日未明、新宿区の路上に止めた車内で大麻を所持した疑いが持たれている。

大山容疑者らがパトカーから視線をそらしたことを不審に思った警察官が職務質問を行って、大麻を発見したもので、3人の尿からは大麻の陽性反応が出たという。

大山容疑者は極真空手の創始者として知られる空手家の大山倍達さんの孫で、先月、覚せい剤取締法違反の罪で執行猶予付きの有罪判決を受けていた。

調べに対し大山容疑者ら2人は容疑を否認し、1人は認めているという。

引用:日テレNEWS

大山容疑者が認めると、執行猶予は無くなり、先月の罪状で実刑になるのですよね。

そして、再逮捕でしょうか。


出典:日テレNEWS

大山照羅容疑者顔画像・プロフィールは?

朝鮮半島出身の武道家で通称「マス大山」さんの孫の容疑者。

「武道」の心得はどこに。

大山容疑者顔画像


出典:日テレNEWS

プロフィール

氏名 : 大山照羅(おおやまあきら)

韓国名: 崔元鍚(チェ・ウォンソク)

年齢 : 21歳 (1997/3/24生)

職業 : 日本の実業家(Wikipediaより)

一般社団法人国際空手道連盟大山倍達極真会館(極真会館 宗家)の理事兼MAS大山コイン最高統括責任者。

引用:Wikipedia

若いのに、理事なんておじいちゃんの力・・でしたね。残念。

スポンサーリンク

大麻取締法違反とは?

大麻取締法は、大麻の所持・譲渡・譲受・栽培を禁止しています。

これらに反した場合が違法になり、処罰の対象になるようです。

他の薬物と決定的に違う事

それは、大麻は「使用が禁止されていない」点です!

違反の対象になるのは大麻草で、種や成熟した茎は、取締りの対象にはならないようです。

因みにマリファナというのは大麻草のスペイン語訳で、大麻のこと

ネットの反応

★1度目は揉み消せたけど、2回目は無理だったね。
メディアも甘くないね。

★それよりも一瞬の不審な動きを見逃さない警察官の凄さに関心してしまう

★全ての極真関係者、道場生をかなり悲しませただろう。
もっとも悲しむのは祖父である大山氏だろう。

★偉大な祖父 大山倍達総裁の名を汚した…
極真空手の精神は孫には伝わらなかったのですね

引用:Yahoo!コメント

おわりに

覚せい剤は、その種類も作用もいろいろですが、1度手を出したら抜け出せない魔物です。

そして、身体を蝕んで正常な感覚が失われていきます。

医療で使われるものから、簡単に手に入ってしまうドラッグもどきまで、巷には誘惑が沢山転がっています。

甘い誘いにご用心、薬物は絶対ダメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする