【卓球メダリスト】吉村真晴選手、TV番組収録中に肋骨骨折!!

国内ニュース

 

テレビ朝日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』の収録中に、2016年オリンピック卓球のメダリストが骨折するという事故が起きてしまいました。

東京オリンピックのメダリストの方々もあちこちのバラエティー番組で活躍されていますが、安全には十分な配慮をお願いしたいものです。

スポンサーリンク

 

概要

 

テレビ朝日は5日、来春放送予定の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』の収録中に、卓球の16年リオデジャネイロ五輪の男子団体銀メダリスト・吉村真晴選手(28)が肋骨を骨折したと発表。

同局は、骨折に至った経緯について「卓球対決そのものではなく、他競技を体験する企画で負傷したものです」と説明。この企画で吉村選手は当初参加する予定ではなかったが、「番組の流れの中で参加することになったもので、収録後吉村選手はそのまま帰宅され、翌日病院でMRI検査を受けたところ肋骨の骨折と診断されました」と伝えた。

引用:ORIKON NEWS

 

…なんと!番組の流れの中での突然の参加での骨折だったようです。

一体何をしての肋骨骨折だったのでしょう。

 

レスリングの技のような・・・

 

他の記事では

同局によると、収録は10月31日に同局内のスタジオで実施。卓球対決ではなく「レスリングのようなうつぶせの状態から体を反転させる体験で負傷した」とした。この企画に吉村選手は当初、参加する予定はなかったが、収録中、番組の流れの中で参加することになったという。  吉村選手は、痛みを感じたものの収録には問題ないとし、最後まで収録に参加。収録後はそのまま帰宅し、翌日、病院でMRI検査を受けたところ、肋骨の骨折と診断された。全治について同局は「全治8週間と聞いております」とした。

引用:デイリー

 

どのような状態だったのか、相手は専門のレスリング選手だったのか、などの詳しい事は発表されていません。

全治8週間!

吉村選手は「痛みを感じたものの収録には問題ない」と言ってそのまま帰宅されています。

程度によりますが、激痛で動けなくなるわけではないけれど、肋骨の場合、骨折している事があるわけです。

 

転倒やスキーなどでの接触で受傷した友人達は、くしゃみや咳で違和感があると言って、骨折が判明してました(;・∀・)

身に覚えのある方は、接骨院に行く前に整形外科でレントゲンを

 

スポンサーリンク

 

吉村真晴選手 プロフィール

 

リオオリンピック卓球混合ダブルスで銀メダルを獲得した吉村選手。

 

出典:official site

 

生年月日 :1993年8月3日

出 身 地:茨城東海村

身 長:177㎝

体 重:63㎏

出 身 校:愛知工業大学

卒業血 液 型:AB

 

ご興味ある方はこちらから

⇒ 吉村真晴オフィシャルサイト

 


出典:デイリー

一緒に戦った石川選手の「頭ポンポン」のハグを覚えている方も多いのではないでしょうか!(^^)

 

一日も早く復帰できますように・・

 

ネットの反応

 

・卓球は他競技のアスリートもよくゲストで呼ばれて、冒頭で自身の競技の技術を披露する場面がいつもある。今年はそれがレスリングで「吉村君もやってみる?」という流れになったんだろうな
前々回のオリンピックから男子も番組に呼ばれるようになって毎年気合い入ってるからなぁ。期待に応えようと頑張ったんだろうな。。

 

テレ朝はオリンピック開催反対の番組やり、オリンピックが終われば選手を番組に出すし、オリンピック放送スタッフは打ち上げ宴会ダイブし病床使う節操のなさ。

 

個人的に「アスリートが出演するバラエティ」は嫌いではないですが 『本職の競技』以外をやらせる必要も やる必要もない。。。

引用:Yahoo!コメント

 

単にトーク番組ではない、こう言う番組に出た時点で怪我のリスクはゼロでは無いですよね。保険とかってかかっているのでしょうか。選手生命に関わるような怪我したらどうなるのか。選手側も出演料をたくさんもらって、説明受けているのであれば、文句も言えないですね。

引用:Yahoo!コメント

 

色々なご意見があります。

 

スポンサーリンク

 

そしてテレビ朝日は、

同局広報部は「番組収録中に出演者がけがをした事実を重く受け止めております。吉村選手をはじめ関係者の皆様に心からお詫びするとともに、今後の治療等につきましては誠意をもって対応してまいりたいと考えております」としている。

引用:中日スポーツ

今後、現役のスポーツ選手のバラエティー参加に、しっかりとしたガイドラインが設けられるといいですね。

 

おわりに

 

怪我や事故は、何より本人が一番辛い。

ましてや身体が資本のスポーツ選手の場合は、大会を回避しなければならない状況もあります。

今日のニュースではフィギアスケートの羽生選手も怪我で大会欠場を発表しています。

 

個人的には厳しい練習や大会ばかりでなく、違った角度での選手が見られると嬉しい気もしますが・・

寒くなりますが、身体を動かして、一般人の私たちも怪我をしないように気を付けましょう!

 

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました