【スズキ】検査不正問題で国交省が本社立ち入り検査。リコール費用は過去最多800億!

二輪車でも有名なスズキによる乗用車ブレーキなどの検査不正問題で、国土交通省は19日午前、静岡県浜松市にあるスズキの本社へ立ち入り検査にはいりました。

1回の届け出台数としては過去最多の約202万台のリコール。

メイド・イン・ジャパンの信頼性は・・

スポンサーリンク

概要


出典:日テレNEWS

スズキによる乗用車ブレーキなどの検査不正問題で、国土交通省は19日午前、道路運送車両法に基づき同社本社(浜松市)へ立ち入り検査に入った。

 同社は12日に国交省へ不正の内容を報告しており、同省は事実関係を確認した上で、行政処分などを検討する。

 スズキは不正問題を受け、18日に29車種計約202万台のリコール(回収・無償修理)を国交省に届け出た。1回の届け出台数としては国内で過去最多。同社はリコール費用として約800億円を見積もっている。 

引用:JIJI.COM


 報告書によると、スズキはブレーキ検査で不合格とすべきものを合格としたり、資格を持たない従業員が検査印を使ったりしていた。不正は1981年6月ごろからあったと従業員が証言している。

 スズキは18日に29車種、計約202万1590台のリコール(無料の回収・修理)を国交省に届け出た。1件当たりのリコール台数としては国内で過去最多という。

引用:KYODO

1981年から不正って、もう38年経とうとしています。

しかもブレーキ!

二輪車は大丈夫なのでしょうか?

二輪車については、保安基準への適合性の確認に関する問題はありませんでしたが、お客様の不安を解消する観点から、愛車無料点検の実施を予定しています。

引用:スズキ公式サイト

スズキ株式会社は


出典:Wikipedia

スズキは四輪・二輪でお馴染みの本社は静岡県浜松市のメーカーです。

国内販売台数は四輪車、二輪車ともに第3位。

世界となるとそれぞれ10位と8位に。

そんな中、アウトボードドライブとも呼ばれる船外機では販売台数世界第3位のようです!

マリンスポーツなどで使用するボートなどのようです。

⇒ SUZUKI MARINE

「完成検査における不適切な取扱いに関する調査結果について」掲載

公式サイトには4月12日付の調査結果が掲載されています。


出典:スズキ公式サイト

内容はこちらから

⇒ 完成検査における不適切な取扱いに関する調査結果について

燃費や排ガスの検査データの改ざんに加え、一体どうなっているのでしょう。

スポンサーリンク

二輪車は問題なし


出典:スズキ公式サイト

二輪車は保安基準適合性に問題は無いと公式サイトに掲載がありました。

でも、会社側の発表ですからどこまで信ぴょう性があるのか、愛車がスズキの方はスッキリしない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこをふまえてでしょうか、サイトにはさらに

お客様の不安を解消する観点から、愛車無料点検の実施を予定しています。

引用:スズキ公式サイト

と、一文がありますが、4月19日時点での無料点検実施日等についての記載はありません

ネットの反応

★スズキも何故 悪質な手抜きを続けたのか??
神鋼の問題が出た時に この程度は どこでもやっていると確信していたが
それよりも悪質感が 半端ない・・残念です。

★日本が溶けていく

引用:Yahoo!コメント

★ブレーキ検査で不合格を 合格としていたのか??
メーカーとして そんな暴挙をする意識は どこから出てきたんだろう??

★幹部逮捕だ!

引用:Yahoo!コメント

スポンサーリンク

おわりに

ウソつきは泥棒の始まり。

今では子供達もそんなことは言わないと思いますが、人を騙して物を売っていた訳です。

しかも、40年近くも明るみに出ない体制は組織ぐるみとしか言えないような気がします。

同業他社の事案も見てきているのに。

疑うばかりでは悲しすぎます。

「誠意」を持った対応で信頼回復に努めていただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする