【島原療護センター】障害者支援施設で職員の悪ふざけを虐待と認定。下着にクワガタ?過去には逮捕者も。

長崎県島原市礫石原(くれいしばる)町の障害者支援センターで、施設の男性職員が女性入所者の下着にクワガタを入れて、女性は怪我を負ってしまいました。

県は施設を運営する社会福祉法人「幸生会」に法に基づき指導していたことがわかりました。

同施設では過去にも、入所者への虐待で職員が逮捕されるなどしています。

スポンサーリンク

概要

長崎県島原市礫石原(くれいしばる)町の障害者支援施設「島原療護センター」で、施設の職員が女性入所者の下着で悪ふざけをするなどの虐待行為があったとして、県が障害者総合支援法に基づき、施設を運営する社会福祉法人「幸生会」(長崎県諫早市)を指導していたことが分かった。同施設では過去にも、入所者への虐待で職員が逮捕されるなどしていた。

 県や同法人によると、県は2018年11月、情報提供を受けて施設の立ち入り調査を実施。複数の男性職員が複数回、女性入所者の下着を使って悪ふざけをしたことを虐待と認定した。同12月に文書で指導した。

 また、男性入所者が18年9月15日、下腹部にけがを負った事案があり、県は職員がクワガタムシをおむつに入れた可能性が高いとみて「虐待が疑われる」と指摘。男性の担当職員2人は、法人側の聞き取り調査に虐待を否定したという。

引用:読売新聞

島原療護センター」所在地は

長崎県島原市礫石原(くれいしばる)町は海に囲まれた長崎の中で熊本県よりに位置しています。


出典:Googlemap

島原療護センターを運営する、社会福祉法人「幸生会」のホームページには綺麗な写真と共にセンターの紹介が載っています。

詳しくはこちらから。

社会福祉法人「幸生会」は大きな団体のようで、介護系ホームやセンターだけでなく、保育園も運営しています。

スポンサーリンク

ネットの反応

★たまに仕事の絡みで痴ほう症の方が入居されている施設へ行くことがあるが、それは大変な状況が繰り広げられている
泣き叫ぶだけならまだ楽な方で、職員への暴力も見かけることがある
職員は当然やり返したりできないから鬱憤はたまるだろう
だからといって虐待していいわけではないが、それくらいの覚悟を持てる人だけが介護職員になるべきであり、国が人員確保したいから、とか、法人が金儲けしたいから、といった安易な理由で人を増やすべきではない

★これに限ったことではないが過去にもやらかしておいて指導で済んでいることがおかしい
行政側も法律の縛りがあるから処分が甘くなるんだろうが、だったら法改正して重い処分ができるようにするしかない

★やってることが幼稚?大人でも社会人でもない。自分の仕事の意味も分からないようですので解雇して告訴でもすればよいのでは?

引用:Yahoo!コメント

おわりに

難しい問題です。

この施設が何人の職員で入所者の方をお世話していたかわかりません。

介護職を選ぼうという方の最初の想いは「自分が皆さんの力になりたい」です。

職員は足りていたのでしょうか。

問題を抱えた施設。

運営元の「幸生会」は以前逮捕者が出ているのに、改善点を把握していたのでしょうか。

介護経験のある方と無縁の方では全く考えやご意見が変わってきますし、「仕事だろ」と言われればそれまでです。

介護士にその仕事に見合った給料が出ているでしょうか。

介護職という特殊技能を評価して、対価と休みでリフレッシュできているのでしょうか。

介護保険料を上げて、日本の国民みんなで考えていかなければ改善されて行かないように思えます。

虐待。。子供達へも障害者へも高齢者へもない世界。

「我が来た道、我が行く道」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする