【注意喚起】80歳の高齢ドライバー空き家に突っ込む!「車がまっすぐ走って・・」・・?

東京・大田区で80歳の男性運転の車が、空き家に突っ込んでしまいました。

男性運転手は「車がまっすぐ走ってしまった」と話しているそうです・・・が。

この事故でのけが人は出なかったようです。

運転に自信ありますか?

スポンサーリンク

事故概要


出典FNN

この事故は3月31日、大田区で、駐車場から出た車が道路を突っ切り、反対側の空き家に突っ込んだもの。

運転手の男性(80)は、「車がまっすぐ走ってしまった」と話していて、アクセルの操作のミスが原因とみられている。

引用:FNN

事故現場特定

事故が起きた現場は、大田区山王の池上通の商店街。

午前10時半ごろ。こちらの駐車場から出てきて・・

右折?左折?どちらに行きたかったのでしょう。

でも、

曲がらずに・・


出典FNN




出典FNN

運転していた男性が軽傷で他のけが人が出なくて、本当に良かったです。

ガードレールのひしゃげ具合からみると、歩行者いたら・・・(><)

アクセルを思いの他強く踏みこんで、ハンドル操作が追い付かなかった?

・・ハンドル切る意識があれば、真っすぐには突っ込みませんね。

車がまっすぐ走ってしまった」と言っているドライバー。

怖っ。

スポンサーリンク

ネットの反応

★これ、言い繕い と言う 症状です 
車をまっすぐ走らせてしまった 、のですよね

★自分の父も酷い運転して、平気で大丈夫と言っている、注意すると逆ギレ。

年寄りはやはり毎回、実技で判断した方が良い。免許毎年更新で良いのでは?
本当に曲がる時とか一時停止て右か左か感がえる運転。
自分達が死ね、人を巻き込むなぁて感じ、言う事聞かないから困る。

★突っ込んだのが空き家で良かったのか悪かったのか……

引用:Yahoo!コメント

運転に自信がありますか?

その自信、「過信」ではありませんか?

歳を重ねて上手くなることもありますが、できなくなっていく事もあっても、致し方ないのです。

2018年1年間で認知症検査を受けていた方で、死亡事故を起こした75歳以上のドライバーの約半数に「認知機能低下のおそれ」があったことがわかっています。

あくまで、検査を受けた方の数値ですから、実際はもっと多いかもしれません。

詳しくはこちらから ⇒ 【高齢者必見】

高齢者と呼ばれるだけでも嫌な方もいらっしゃると思います。

でも、受け入れなくては。

高齢者の歳まで頑張ってきたのです、殺人者になってしまってからでは遅いです。

スポンサーリンク

おわりに

高速道路のパーキングで「ずっとアクセルを踏んでいて、足が疲れる」と言っていた中年の女性がいらっしゃいました。(笑)

反射神経だけでなく、筋力も運転には必要です。

アクセルの踏み込む「加減」は足首を動かして、それに伴い下半身、腹筋を使います。

高齢になってくると薬の副作用などで、男性でも骨粗しょう症になる場合もあるそうです。

歳の取り方は色々ですが、この機会に「自身の身体を使う」事を始めてみてはいかがでしょうか。

若い方も、口からしっかりと栄養を摂り、今の高齢者のように元気に歳を重ねて欲しいと思います。

新元号は「令和」。

新しい事にチャレンジしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする