近江威志(おうみたけし)容疑者、強盗致傷の疑いで逮捕。「カネが欲しかった」(-_-;)

13日、さいたま市見沼区片柳のアパートで住人の男性を包丁で切りつけ、金を奪おうとした強盗致傷の疑いで56歳の男が逮捕されました。

「カネがほしかった」と容疑をみとめているようです。

スポンサーリンク

概要

埼玉県警大宮東署は13日、強盗致傷の疑いで住所不定、無職の近江威志(たけし)容疑者(56)を逮捕した。「カネがほしかった」と容疑を認めている。


 逮捕容疑は13日午前0時55分ごろ、さいたま市見沼区片柳のアパートの一室で、この部屋に住む無職の男性(66)の頭などを包丁で切りつけた上、現金を強奪しようとしたが、抵抗され、何も取らず逃走したとしている。

男性は全治約1カ月の重傷を負った。

 同署によると、近江容疑者は以前、アパートの別の部屋に住んでおり、男性と面識があった。犯行後の同日早朝、出頭してきた。

引用:産経新聞

犯行は夜中です。

以前住んでいたアパートということですから、夜中に忍び込んだのでしょうか。

それとも顔見知りという事で、上がり込んでいたのでしょうか。

被害者の66歳の男性は、全治1か月の重傷。

ただ、この方も無職です。

事件現場は

さいたま市見沼区片柳はJR大宮駅からは5キロ以上はあり、武蔵野線、東武野田線の直近の駅に出るのも4キロほどある地区です。

畑も多いのどかな地区でしょうか。

近江威志(たけし)容疑者顔画像は

無職の近江容疑者、56歳の顔画像は現在報道されていません。

本当に日々殺傷事件が多く、今後の報道も全国規模ではどこまで出てくるかは定かではありませんが、また追記します。

それにしても、まだまだ働き盛りの男が無職。

しかも住所不定・・・

人を襲える元気があるなら、日雇いでも何でも選んでないで働けば?

スポンサーリンク

ネットの反応

★世も末だと思うと同時に、自分が仕事できてることに感謝の念がたえない。
だが、セクハラの事が頭から離れず、カラオケもお酒も駄目になったことを考えると、もう仕事やめたい。
宝くじ当てたい。

★こういう人間は餅を喉に詰まらせて苦しめばいいと思います

金が欲しかったって、みんな欲しいから働いてるんだよ。

★やっぱりと言うか当然の、無職の犯罪

引用:Yahoo!コメント

おわりに

56歳の大人が無職。

人生100年などと言いますが、寿命が延びても伴う力も延びてくれなくては、そのしわ寄せは何処にいくのでしょうか?

今回被害にあわれた男性も66歳で無職。

重傷のお怪我は大変ですが、医療費はまた自治体の税金でしょう。

近江容疑者は住所不定。

勾留されれば寝泊まりは補償されます。

本人が罪悪感から自首したと思いたいですが、わかりません。

どんな仕事でも、生きていくためには稼ぎ続けなければなりません。

時間があってもお金が無ければ、余計に辛い。

働きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする