【会話してますか?】ゲーマー熊沢英一郎さん、父親の熊沢英昭容疑者に複数回刺され死亡。「誰もひとりでは生きられない」

農林水産省の元事務次官が同居している44歳の長男を包丁で刺したとして逮捕された事件で、新たに死亡した長男は布団の上で胸などを複数回刺されていたことが分かりました。

絶対に自らの手でとどめを刺さなければならないと思ったのでしょうか。

「誰もひとりでは生きられない」

引きこもり、ゲーマーと化していた長男の最後の叫び。

引きこもりは家族の協力で8割が改善されるそうです。

向き合っていますか?

スポンサーリンク

事件概要


出典:TBSNEWS

 この事件は1日午後、東京・練馬区の住宅で、この家に住む農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が同居している長男で無職の英一郎さん(44)を包丁で刺して殺害しようとしたとして現行犯逮捕されたものです。

 英一郎さんは搬送先の病院で死亡しましたが、その後の捜査関係者への取材で、自宅1階の和室の布団の上で、胸などを複数回刺されていたことが分かりました。取り調べに対し、熊沢容疑者は容疑を認めているということです。

 警視庁は、熊沢容疑者と長男の英一郎さんとの間にトラブルがあったとみて動機について詳しく調べています。

引用:TBSNEWS

熊沢英明容疑者顔画像・プロフィールは?

熊沢英明容疑者顔画像


出典:TBSNEWS

プロフィールは

熊沢英昭(くまざわひであき)容疑者は元農林水産省事務次官で現在は無職。

岐阜県出身で東大卒の76歳。

昭和42年に農林省(現農水省)に入り、経済局長などを経て平成13年に事務次官に就任したが、牛海綿状脳症(BSE)問題の責任を問われる形で14年に退官した。その後、駐チェコ大使を務めた。

引用:産経新聞

激務の中、犠牲になったのは家族だったのかもしれません。。。

父親として、子供達と向き合えていたのでしょうか。

自宅で就寝中を襲ったか?

事件現場となってしまったのは、東京都練馬区早宮4丁目の自宅。


出典:TBSNEWS

現場は東京メトロ有楽町線平和台駅の南約650メートルの閑静な住宅街。熊沢容疑者は妻と英一郎さんの3人暮らしで、近所の男性(86)は妻と出掛ける姿をよく見掛けたといい、「10年ほど前に引っ越してきたと思うが、息子の姿は見たことがない」と驚いていた。

引用:産経新聞

・・・・いない存在だった英一郎さん。

長男・英一郎さんは・・

熊沢容疑者の長男・英一郎さんは1階の和室の布団の上で、胸などを複数回刺されて亡くなったそうです。

複数回・・・

無職でゲーマーだった英一郎さんのストレスは家族に向けられ、家庭内暴力も絶えなかったという事です。

DVの場合と似たような心理が働くのかもしれません。

確実に仕留めないと、何をされるかわからないという恐怖でしょうか。

それとも、父親である自分が責任を取らなければならないと思い込んでしまったのでしょうか。

父親の手に掛かる数時間前に英一郎さんはツイッターに投稿しています。

熊沢容疑者もすでに無職で家に居たとなると、毎日毎日息子の存在を感じるわけです。

もっと早くに感じて欲しかった。

忙しさと、自身の地位、世間体を気にして後回しになっていなかったでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

★どういう理由があったかはわからないが親としての辛い決断だったと思う。肯定はしないが究極の親としての責任の取り方ではないだろうか。

★独身の頃、自分の子供は容姿端麗で頭が良く出世や玉の輿に乗るような人になって欲しいと思っていたけど、今はただ、真面目に毎日働いて友人と家族に恵まれて健康で長生きしてくれたらいいなと思う。
私は自分の子にストレスやプレッシャーを与えていないだろうか、とか、私の持つ偏見や差別意識を子にも強制していないだろうか、反省することばかり。

★引きこもりだったんだろうけど、家族ではどうにも出来ない事もある。家族だから出来ない事も。何がきっかけはわからないけど、長く社会との接触を遮断してる訳だから、自分でもわからなくなってくるんだろうな。
家庭内暴力になるケース等もあるし、仕事リタイアして、今後を考えると…って思いもあったのかな。
早い段階でプロに託すのがいいのかなとも思うけど、それも安易ではないだろうしね。
結局は本人が抜け出す一歩を自分の意思で踏み出すしかない。

引用:Yahoo!コメント

長期化するひきこもり

今年4月、国の調査で40~64歳のひきこもりが、推計61万人以上もいることがわかりました。

そして、引きこもるきっかけは様々で、誰でも要素を持っているという事です。

ひきこもりやすい人はいても、絶対にひきこもらないと言える人はいないのだそうです。

そして、何より引きこもりは家族の協力で8割が改善されるそうです。

詳しい記事はこちら

⇒ 《引きこもりが高齢者になる時》

スポンサーリンク

おわりに

いい大人が働きもせず親の金でいい身分だ。

と、おっしゃる方もいるかもしれません。

でも、引きこもっている本人もほんとうは辛いかもしれません。

このままじゃだめだと思っていても、

「もう遅い、どうせ何もできない」「みんなで邪魔にする」

1人の世界にどんどん入ってしまっては、常識と言われることはどんどん通用しなくなってしまう。

住むところ・食べる事に困らないようにするのではなく、生き抜く力を育てるために親がするべきことを考えてほしいと思います。

大切な家族の為に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする