【仙台警官刺殺事件】相沢悠太容疑者は大学生21歳!動機は?

仙台市の交番で巡査長がむ男に刺され死亡した事件で、犯人は近くに住む大学生と判明しました。交番に勤務していた別の警官に撃たれ、犯人も死亡しましたが、その時一体何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件概要

仙台市宮城野区の交番で19日未明、訪れた男に当直勤務中の清野(せいの)裕彰巡査長(33)が刺されて死亡した事件で、別の男性巡査部長に拳銃で撃たれ死亡した男について、宮城県警は同日、近くに住む大学生相沢悠太容疑者(21)と判明したと発表した。県警は殺人容疑で当時の詳しい状況を調べている。

引用:読売新聞

相沢容疑者は大学2年生か3年生の歳になります。

19日午前4時ごろ、東仙台交番の仙台東署東仙台交番で、男性巡査長が交番を訪れた男に刃物で刺され、死亡した。男は別の警察官に発砲され、死亡した。宮城県警は殺人事件として捜査し、男の身元の確認を急いでいる。
 県警によると、死亡したのは清野裕彰巡査長(33)。男は午前4時ごろ、「現金を拾った」と交番を訪ね、清野巡査長が見張り室で応対。2人が言い争う声を交番内の執務室にいた男性巡査部長(47)が聞き、見張り室に行くと、清野巡査長が血を流して倒れているのを発見した。
 清野巡査長の近くで、男は全長30センチの刃物とモデルガンのようなものを手に倒れていたが、立ち上がって巡査部長に襲いかかろうとした。巡査部長が「刃物を捨てろ」と警告し威嚇発砲したが、男が応じずに向かってきたため、さらに2発発砲し、少なくとも1発が命中したとみられる。巡査部長にけがはなかった。
 当時、交番では警察官4人が勤務し、他の2人は仮眠室にいた。交番に防犯カメラはなく、清野巡査長と男のやりとりや、刺されるまでの経緯などは分かっていない。

引用:河北新報

これだけあちこちに防犯カメラが設置されている時代に、交番に防犯カメラがない事に少し驚きました。

犯人からも事件の事を聞くことができない状況での捜査はどのようにすすんでいくのでしょう。


出典:河北新報

相沢悠太容疑者大学は、SNSアカウントは?

相沢容疑者の大学はどこ?

仙台市は大学が多く調べてみましたが、特定することはできませんでした。

SNSアカウントは?

facebookでは、ローマ字表記も含めると同姓同名の方で仙台在住の方も複数いらっしゃるので特定にはいたりませんでした。

検索結果はこちら

Twitterでは、漢字表記の方がヒットしましたが、こちらも特定はできませんでした。

スポンサーリンク

現場は東仙台交番

 東仙台交番は、JR東仙台駅から北西約200メートルの住宅街にあり、近くには東仙台中や東仙台小があります。

そして、なんと!犯人の相沢容疑者の自宅は交番の東約700メートルのところだそうです!


出典:日テレNEWS

警官の発砲の正当性は?

威嚇射撃も含め、3発発射し、少なくとも1発が相沢容疑者の命を奪った弾丸になったようです。

相沢容疑者はモデルガンも所持していたという事ですから、当事者の巡査長の緊迫した状況を考えると、モデルガンさえ本物に見えたかもしれません。

恐怖はどれ程だったでしょうか・・・

男への発砲について、県警は「巡査長が刺され、さらに男が巡査部長に刃物で襲い掛かろうとしている状況から、警告した上での発砲は正当な職務行為だったとみている」との見解を示した。

引用:河北新報

ネットの反応

★できれば法のもとに裁かれた方がよかったが
死んだってしょうがない犯人だった。
刺してる場面を観たのか刺し終わった所を
みたのかはわからんがそんな場面をみて
悠長に威嚇射撃で狙って外して撃つなんてしてられないだろう。
逃げられても困るし向かってこられても困る。
発砲して死なせてしまったが
巡査部長の判断は間違っていないと思う。

★警察官って結構しっかり防刃ベスト着てるから、どこ刺したら死んでしまうほどの傷を負わせられるのか分からない。相当強い殺意だと思う。テレビで一部、発砲が妥当だったのか?とか言ってるけど、一人殺されてるんだから、発砲は当然だったと思う。発砲した巡査部長を責めるようなことは絶対やめてほしい。

★どんな育てられ方だったのかとかどんな親だったのかはわからないけど、ごく普通の家庭なら親が気の毒・・
そんな事のために大学まで入れて育ててきた訳ではないでしょう…
子供のために一生懸命に働いてきたのに

★まだ若いから出てくるリスクあるし、現行犯だから射殺が最善だったと思う。再犯する可能性あると思うし。

★確かに交番って無防備だよね。
何か対策した方がいいよ。

★また、自殺願望が有った…。とか
死刑にして貰えたら何たら…。
誰でも良かった…とか有るのかな…。

引用:Yahoo!コメント

他にも沢山のご意見が寄せられていました。

おわりに

初歩的な疑問かもしれませんが、交番勤務の警察官の方々は「防弾チョッキ」のように、刃物や殺傷力のあるものから身を守る装備はしているのでしょうか?

何が起こるか分からない現場にいるわけです。

先ずは身の安全を確保できる安心があってこそ、地域に根付いたお仕事ができるように思います。

2020年には、10人に3人は65歳以上の日本。

若い方の犠牲や犯罪はどちらも心が痛みます。

清野巡査長は何故刺されてしまったのか?

相沢容疑者は何をしたかったのか。動機は何なのか。

「息子かもしれない」と警察を訪れていた母親・・

詳細は解明されるのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする