相沢悠太容疑者母親「息子かもしれない」・・両親が警察署を訪れていた!東仙台交番警察官刺殺事件!

19日未明に起きた東仙台交番の警察官視察事件で事件の詳細が日々報道される中、事件後、相沢容疑者の両親が警察署を訪れていた事が報道されました。

スポンサーリンク

事件概要

宮城県仙台市内の交番で警察官が刺殺された事件で、事件当日、容疑者の両親が「息子かもしれない」と警察署を訪れていたことがわかった。母親は「ナイフが家からなくなり胸騒ぎがした」と話しているという。

仙台市宮城野区の東仙台交番では19日、巡査長の清野裕彰さん(33)が宮城野区新田の大学生・相澤悠太容疑者(21)に刃物で刺され死亡し、相澤容疑者は別の警察官に拳銃で撃たれ死亡。現場検証が続いている。

そして、捜査関係者への取材で、事件当日の午前中、相澤容疑者の両親が犯人について「ニュースを見て息子かもしれない」と県内の警察署を訪れていたことが新たにわかった。母親は「キャンプなどで使っていたナイフが家からなくなっていて、胸騒ぎがした」などと話しているという。

警察は、両親から事件前日の相澤容疑者の様子などを聞くとともに、動機の解明を急いでいる。

引用:日テレNEWS

連日の報道で相沢悠太容疑者の東仙台交番への足取りや所持品が報道される中、家庭という密室のなかで家族が感じていた不安が的中してしまいました。。。


出典:日テレNEWS

テレビで事件を知った時の両親の思いはどんなものだったのでしょうか。

相沢悠太容疑者は東北学院大学に在籍だったのですでに学校は始まっていたわけです。

相沢悠太容疑者(21)がウエストポーチに加え、バッグも持っていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 凶器とみられる包丁などを隠していた疑いがある。ポーチにはカッターナイフやはさみ、ドライバーが入っており、宮城県警は襲撃の意図を気付かれないよう周到に準備していたとみている。事件発生時、交番に所有者不明の自転車があったことも判明。相沢容疑者が乗り付けた可能性があり、詳しく知らべる。

引用:日本経済新聞

用意周到で計画的と言われていますが、容疑者が死亡している状態です。

真意はつかめるのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の解明に重要な両親への聞き取り調査

そんな中、家庭での様子は事件の解明に非常に重要になってきます。


出典:日テレNEWS

友達が少なく、おとなしい性格の印象報道がされていますが、おとなしく見えても家庭の中でどのように振舞っていたかは、わかりません。

報道に使用されている写真はだいぶ若く見えます・・中学の卒業式でしょうか?

父親との関係も気になります。

少なくとも、母親は一番身近で悠太容疑者の様子を見ていたひとりです。

その母親が「胸騒ぎ」を覚えるような日々の異変がなにかしら悠太容疑者にあったはずです。

それは今に始まったことではないかもしれません。

弟と両親の4人家族で、兄弟げんかもしないような穏やかな家庭・・悠太容疑者は中学から東北学院大学の付属校に通っています。

裕福な家庭のようですが・・


出典:日テレNEWS

警察が動機の解明を急ぐには、相沢容疑者が日々どのような生活をしていたかを両親から詳しく聞いていく必要が不可欠と思われます。

東北学院大の文学部歴史学科に在籍していた相沢容疑者が軍備に関する研究を行っていたことも判明。県警は動機との関連を引き続き捜査する。

引用:産経新聞

家族は知っていたのでしょうか?

悠太容疑者の両親には、世間体を気にする状態どころではないのですから、包み隠さず吐き出してほしいです。


出典:日テレNEWS

そして、それこそが殉職された清野裕彰さんの無念を晴らし、再発防止に向ける対策の大事な要素になると思います。

ご冥福をお祈り致します。

亡くなられた清野さんは、奇しくも犯人と同じ東北学院大学の卒業です。

まとめ

犯人が自分の子かも・・

警察へ向かう両親の心情を思うと、何故あの時に・・という後悔の念に駆られていただろうと思います。

変だと思っていたのですから。

でも、あの年頃の青年の親御さんであれば、何となく言えない、遠慮してしまうという気持ちがおわかりの方も少なくないのではないでしょうか。

事件から2か月あまり。

被害者のご家族のメンタルサポートはされているのでしょうか。

警察は今回の出来事を糧にして前に進んでいただかないと、地域市民を守ってくれる警官を守る事ができなくなってしまいます。

そして・・・

人を救わなければ犯罪はなくならないと思っています。

11月22日更新

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする