【御岩(おいわ)神社】話題のパワースポット、メディアで沸騰中。「神社会のディズニー」茨城にあり!

「一度お参りすれば、日本のほぼ全ての神様にお参りできる」というパワースポットをご存知ですか?

茨城県日立市の御岩(おいわ)神社は近年、188柱の神様がまつられていることから、テレビやSNSなどでこぞって紹介されています。

そして、「神仏を祀る唯一の社」と。

「八百万神の国」日本。

氣になります。

スポンサーリンク

記者さん参拝・御岩神社


出典:朝日新聞


 2月上旬、標高約530メートルの御岩山のふもとの神社を訪れると、平日午前中にもかかわらず20台以上の車があった。群馬や品川、いわきなど、県外ナンバーが多い。少し歩くと、野鳥が鳴き、木漏れ日が差し込む中にたたずむ鳥居が見えてきた。参道には御神木、楼門を過ぎると、稲荷大明神や大日如来像などがまつられたお堂などが次々とあらわれる。山頂へ続く参道にもお宮や鳥居があり、お地蔵さまが至る所にある。

 御神木の前で自撮り写真を撮っていたのは宇都宮市の高校2年、坂本優月さん(17)。「茨城に何でも願いがかなう場所がある」というブログを見て、家族と初めて訪れた。「バレー部でレギュラーになってインターハイに出場したい」と話す。茨城県ひたちなか市の主婦鴨志田優子さん(41)は2年前に長女(当時14)と参拝後、長女の所属するバスケットボール部が、前年は出場もできなかった県大会で優勝したという。

 ネットなどでは、「オペラ歌手が神社で歌っていると虹色の光が差した」「山のわき水を飲むと目が良くなった気がした」などのエピソードが書き込まれている。

引用:朝日新聞

「氣」の威力。

「御岩神社」鎭座の場所は

御岩神社は茨城県日立市入四間町に

この地一体が神宿るの場所のようです・・

御岩山の三本杉近くには、全国に900社ある愛宕神社もあります。港区にもありますね。

御岩神社のホームページは、開くとすぐに引き込まれてしまうような深緑の・・

創建の時期は不明ですが、縄文晩期の祭祀遺跡の発掘や、日本最古の書の1つ「常陸國風土記」(721年)に「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」とされる事から、古代より信仰の聖地であった

引用:御岩神社紹介


引用:御岩神社紹介

何より、「神仏を祀る唯一の社」のようで、他の神社、寺院とは違った、独自の信仰を伝えているのだそうです。

ご興味ある方は是非紹介ページ

「八百万神の国」日本

神道(しんとう)で数多くの神々の存在を総称していうもので、実際の数を表すものではない。文献上の初見は『古事記』上巻の「天(あま)の岩戸」の段にある「八百万神、天(あめ)の安(やす)の河原に神集(かむつど)ひ集ひて」である。

このほかに同様の総称として八十諸神(やそもろかみたち)、八十万神、八十万群神(もろがみ)などが『日本書紀』『万葉集』などにみえる。いずれも「八」が多数を意味し、本居宣長(もとおりのりなが)は『古事記伝』で「八百万は、数の多き至極を云(いへ)り」と述べている。[阪本是丸]

引用:日本大百科全書

”神道”(しんとう)では、万物に神宿るですね。

神社とお寺の違いは?

簡単にいうと、お寺は仏教、神社は神道という異なる宗教の施設です。


鎌倉大仏

見た目の違いとしては、仏像やお墓のある所がお寺で、鳥居のあるのが神社・・


榛名神社一之鳥居


伏見稲荷大社も旧称は伏見稲荷神社



神棚と仏壇のあるお宅も多いですし、お店も神棚も仏壇も置いてますね。(売っていると記していいのかな💦)

こちらにわかりやすく表で違いが出ていました! ⇒ 教えてお寺・神社さん

なんでも受け入れて、尊重し仲良くしてきた日本の文化です。

スポンサーリンク

ネットの反応

★御岩神社の近くに実家があるので昔から知っていますが、以前は休日でも人は少なく、賑わうのはせいぜい春と秋のお祭りの時期ぐらいでした。
ところが、最近は平日でも結構人が多いし、休日だと駐車場がいっぱいなんてことも珍しくないようです。
そのため、参道前に家がある先輩の庭に無断で車を置いていく人が後を絶たないそうです。
注意はしているし、張り紙もしているそうですが全然ダメで下手すると逆切れする人もいるとのこと。

そんなルール違反をしてお参りをしても、神様は聞いてくれないのでは。

★凄いところですね。
見出しから出雲かと思ったけど、他記事で『188柱の神様がまつられている』だからと。
せっかく良い神社を紹介しているのたから、記者さん!もう少しチャレンジ書いてよ!

こういうことにディズニーって使うのはどうかと思う。
信じる人達が軽く見られてしまう。

引用:Yahoo!コメント


笠森観音

おわりに

生きていくのには色々な事が立ちはだかります。

それを越えていく、納得させる力、「氣力」を頂けるところが神社仏閣なのではないでしょうか。

もうひと踏ん張りが必要な時、お近くの氏神様からお参りしてみてはいかがでしょうか。

きっと今までにない感情に気づくことがあるやもしれません。

ご興味ある方はこちらも覗いてみてくださいませ。⇒ 「気の威力」

そして、本来のお参りの心を思い出していただき、相手の立場に少し寄り添ってみたら何か変わるかもしれません♪

※出典記載のない画像についてはお使いいただいて結構ですが、ご連絡いただけますようお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする