【大林組】わいせつ行為で逮捕の社員不起訴。しかし、それだけじゃない?

就職活動中の女子大学生にわいせつな行為をしたとして、大手ゼネコン・大林組の27歳の社員が逮捕されていましたが、15日付で不起訴処分になりました。

ただ、これは氷山の一角だったようで・・

3月14日には文春砲で大林組リクルーターの「わいせつ就活」が暴かれ続報も!

スポンサーリンク

事件概要


出典:テレ朝NEWS

 強制わいせつ事件で逮捕された「大林組」の社員が不起訴処分です。

 大手ゼネコン「大林組」の男性社員(27)は1月、東京・港区の自宅マンションで20代の女子大学生にわいせつな行為をした疑いで警視庁に逮捕されました。東京地検は男性社員を15日付で不起訴処分としました。処分の理由は明らかにしていません。警視庁によりますと、男性社員と女子大学生は就職活動中の学生と大学のOBをつなぐスマートフォンのアプリで知り合っていました。男性は警視庁の取り調べに対して容疑を一部、否認していました。

引用:テレ朝NEWS

法政大学の先輩後輩・・・

どうやら示談が成立したようです。

就活アプリにご用心!

就活女性が使用したアプリは「VISITS OB」というそうですが、怪しいものもあるようですので、何でもかんでもすぐに飛びつかないようにしましょう。


出典:Twitter

ネットの反応

★若い女子の皆さん、抱かれても良いと思った時しか男性宅に一人で行っちゃダメですよ。男は狼、若い女子は羊だと思って下さい。

引用:Yahoo!コメント

ここまで明らかな事例なら起訴して罪に問うて欲しかったな。
示談が成立したのかも知れんが大林組の会社としての隠蔽が疑われるし。
さてあの録音が公になった大林組に自浄作用はあるかな。

★示談が成立したんだろうな
それよりも…
「大林組社員」と、元がつかないということはまだ会社にいるんだろうか?
逮捕されて事実関係を認めたうえでの示談のはずだが、会社はこのような人物をいまだに雇っているのか?

引用:Yahoo!コメント

大林組の「わいせつ就活」実態は?


出典:文春

「大林組」会社として気になる記事が・・

現役幹部社員が2017年春、リクルーターとして面会した就職活動中の女子大学生に、不適切な行為を働いていたことが明るみに出た(「週刊文春」2019年3月14日号)大手ゼネコン「大林組」(東京都港区)。今回、大林組の人事部長らが、2018年4月に入社したこの女性社員へのヒアリングの場で、彼女に非があるかのような質問を重ねていたことが、「週刊文春」が入手した音声データで分かった。

引用:文春

ヒアリングは約180分間にわたったそうです。

典型的なセカンドハラスメントと専門家は指摘しています。

詳細はこちら ⇒ 文春オンライン

スポンサーリンク

ネットの反応

★所長はホテルに行ったことも関係を持ったことも否定しない辺りほぼ黒じゃないか。
所長以上に酷いのが人事部の対応で、これを聞くと女性は会社ではなく文春に言って正解だったな。今は自責の念で辛いかもしれないが、会社の膿を出すことに貢献したと胸を張れば良いよ。

★モテないおじさんが会社の立場を利用して性行為をしたと思う。
これ以上犠牲者を増やさないで欲しい。

引用:Yahoo!コメント

おわりに

不起訴になった27歳の男性。

一浪で就職したとしてもすでに4年は社会人なわけです。

今までどんなに苦労してきたとしても、一瞬で地に落ちてしまいます。

猛省しても、経験して身になるものと、罪になるものの区別はつけなければ後の祭り。

信用を取り戻すのにどれだけの時間がかかるか・・

体験することになりました。

でも、個人で済まない問題になってきそうな・・

女子もさ、自分の行動に節度を持って、自分で身を守りましょう。

3月15日更新

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする