高千穂町一家6人殺害事件、自殺の次男の犯行とほぼ断定。妻の不倫疑い被害妄想か?相次ぐ多人数殺害事件!

26日午前11時ごろ、宮崎県高千穂町押方の飯干保生さん宅で、飯干さん一家5人と知人男性1人6人の遺体が発見されました。

警察は30日、犯行はほぼ次男で間違いないと発表しました。

仲が良い家族という声がある一方、次男夫婦間では喧嘩が絶えなかったとの声も。

新証言ではまた違った見方が?

ここ数年、親族間や小さな集落で多人数が殺害されるケースが相次いでいます・・

スポンサーリンク

高千穂町6人殺害事件概要

第一報は・・

宮崎県警によると、26日午前、親族とみられる人から、「家に電話をしているが、電話に出ないので、様子を見に行ってほしい」と警察に連絡があり、警察官が訪問。
その結果、家の外に女性1人、家の中に男性3人と女性2人のあわせて6人の遺体が発見された。
うち1人は、小学生の女の子との情報がある。

遺体には、なたのようなもので切りつけられたような痕があったことから、警察は、殺人事件とみて捜査に着手。
その後、高千穂町内の橋から、飯干さんの次男が飛び降り、死亡したことがわかった。

引用:FNN


出典:FNN

事件のあった高千穂町押方は山間の集落。


出典:FNN


出典:JIJI.COM

物静かで真面目だったという飯干さんの次男。

事件発覚前夜に夫婦喧嘩があったようです。

飯干さんの次男は再婚で、前妻との間にできた21歳の息子も殺害されてしまいました。

7歳の娘も・・何故。


出典:FNN

飛び降りた橋には26日夕方には規制線が張られた映像が流れていました。


出典:FNN

事件発覚から一夜明けた27日、自殺した次男の遺体が引き上げられました。

なんとも悲惨な事件です。

亡くなった方の氏名報道

事件直前に会社の忘年会に家族で参加し、仲むつまじい様子を見せていたというのは、宮崎・高千穂町に住む飯干昌大さん(42)。

自宅から男女6人の遺体が見つかった事件で、事件後に自殺したとみられている人物。

26日、遺体で見つかったのは、昌大さんの父・保生さん(72)と、その妻・実穂子さん(66)、昌大さんの妻・美紀子さん(41)と、その子どもである拓海さん(21)と、小学2年生の唯さん(7)の家族5人。
さらに、隣町で農業を営む昌大さんの知人・松岡史晃さん(44)の、あわせて6人。


左:美紀子さん 右:昌大さん


警察は、次男が6人を殺害したのちに自殺した可能性が高いとみて捜査している。

引用:出典:FNN

状況からして6人を殺害した犯人は他にいません。。。

保生さんら男性3人の頭などには、いずれも深い傷が残されていて、自殺した次男の母親で、屋外で首を切断された状態で発見された実穂子さんの身体には刺し傷が複数個所あり、多量の出血があったことが関係者への取材でわかりました。(28日追記)

犯行に使われたのは先の尖ったナタで、松岡さんについても頭部がほぼ切断された状態だったようです。(30日追記)


出典:Nスタ

警察は司法解剖の結果、松岡さんは失血死、飯干実穂子さんに関しては脳循環の停止による死と認められると発表されています。

一方、次男の妻・美紀子さんと娘の唯さんは、無傷で首を絞められたことによる窒息死で、殺害方法が違う事も今後動機を探るうえで重要になってくるのでしょう。

唯さんは事件発覚前日の25日に、父親の勤務先の旅行から帰ったままの服装で亡くなっていた事がわかりました。(12月1日追記)

21歳の孫の拓海さんは祖父の布団の上に倒れ込んだ状態で亡くなっていたことがわかり、寝室で寝ていた祖父を助けに行った際に、殺害された可能性があるとの事。

おじいちゃんを助けに行って、お父さんに殺されてしまった拓海さん。

無念。(12月5日追記)

次男の女性問題でトラブルか?

宮崎・高千穂町の住宅で6人が殺害された事件で、この家に住む次男夫婦の間に女性関係をめぐるトラブルがあったことがわかった。

この事件は26日、高千穂町の農業・飯干保生さん(72)の住宅で男女6人の遺体が見つかったもので、事件後、次男の昌大さん(42)が川から遺体で発見されている。

その後の捜査関係者への取材で、次男と妻の間に過去の女性関係をめぐるトラブルがあったことがわかった。

遺体で見つかった次男の知人の松岡史晃さん(44)は、夫婦のトラブルの仲裁に呼ばれ、事件に巻き込まれたものとみられている。
引用:FNN


出典:FNN

松岡さんは、度々次男夫婦の喧嘩仲裁に入っていたそうで、事件発覚前夜も、消防団の忘年会を中座して車で40分もかけて、高千穂の飯干さん宅に出かけています。

12月1日、松岡さんの葬儀が営まれた。
「前は熊本の会社で仕事していたのを『地元に戻り、消防団、農業をしっかりやりたい』と今年夏に五ケ瀬町の田舎に帰ってトマトを栽培していた。農業科の高校だったから『やっと高校時代の勉強が生かせる』と笑っていた。世話好きで、人から頼まれるといやと言えない男。そういう性格ゆえ、仲裁に行って巻き込まれたのかな。葬儀ではお父さんは、泣き崩れ、かける声もなかった」

引用:AEREdot.

面倒見がいい事が仇になってしまった…

多くの謎が残されたままの事件ですが、凶器とみられるナタが室内で見つかっている事から、専門家は計画的ではなく突発的に犯行に及んだのではと推測しています。

次男の被害妄想?それとも・・

自殺の次男の女性問題以外に知人証言として新たな報道がありました。

昨年くらいから昌大さんは家族の愚痴を周囲にこぼすようになったという。

普段は何もないんですが、たまに急にブチ切れてしまう。私にも1度だけ電話があって『美紀子は許せん』『うちの両親は美紀子のかたをもつ』などと理由は言わずに、怒るんですね。

引用:AEREdot.

気になる情報です。(12月1日追記)

近年相次ぐ多人数殺害事件

家庭内や小さな集落で多人数が殺害される事件は近年、相次いで発生している。
 
 今年4月、鹿児島県日置市の民家で成人の男女3人の遺体が見つかり、県警は殺人容疑で近所に住む男を逮捕した。遺体は男の伯母姉妹と知人の男性で、逮捕後の供述に基づき、近くの山林で男の父と祖母の遺体も発見された。男は5人の殺害を認めた。

 2017年10月には茨城県日立市のアパートで3~11歳の子供5人と母親が殺害された。県警は父親を逮捕。「別れ話を持ち出された」などと動機を話し、今年2月に殺人罪などで起訴された。

 兵庫県・淡路島の民家2軒では15年3月、男女5人の遺体が見つかった。殺人容疑で逮捕されたのは近くに住む男で、妄想性障害を患っていた。神戸地裁は精神障害を認めた上で、刑事責任能力があったと判断して死刑を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

 13年7月には山口県周南市の民家の焼け跡などから71~80歳の男女5人の遺体が相次いで発見される事件があり、同じ集落に住む男が逮捕された。殺人罪などに問われ、一、二審で死刑判決を受け、上告している。 

引用:JIJI.COM

メディアの発達で、事件や犯罪の情報を画像で見る事が多くなっているのもあるのかもしれません。

それにしても、記憶に新しい、すぐに思い出せる事件がこんなに起こっているのですね。。

スポンサーリンク

ネットの反応

★大声・被害妄想とくれば、早いうちに精神科に通院すべきでしたね。
でも地方だと近くになかったり、最初はハードルが高い面もあるので難しい。

★統合失調症の可能性が高いですね。
精神鑑定とかはされなかったのでしょうか。
閉鎖された田舎町で起こったというし、恐ろしい事態になってしまったと思います。
殺されてしまった方々はさぞ、無念だったことでしょう。
せめて安らかに、弔って欲しい。

★結局、精神病だったって事か?それでもこれだけ殺していい訳が無い。

引用:Yahoo!コメント

★奥さんの不倫かと思っていたら、旦那の不倫だったとは。
巻き添えで殺された子供たちが気の毒。

★犯人が次男だとしたら、不倫のいざこざがどうやって6人惨殺まで発展してしまうの…。
力も体力もある21歳の息子さんが止められないほど正気を失っていたか、寝込みを襲われたのか。
不倫した上に殺しってご家族が本当にお気の毒。

★母親への憎しみも強かったのか。
命奪われた者が可愛そうでならない。
早く別れていたら、子どもたちもまだ命があったのかと思うと不憫でならない。

引用:Yahoo!コメント

★常人の理解を超えすぎている。
そして、関係者は全員生きていないのだから永久に真実はわからない。

引用:Yahoo!コメント

殺人にならなくとも、人間関係のトラブルは多発しています。

おわりに

本当に真実が解明されるのでしょうか。

わかったところでという、虚しさもぬぐえません。

「可愛さ余って憎さ百倍」・・

人の感情はデリケートで、何かの弾みで真逆の方向に行ってしまう可能性を表している言葉だと思います。

この可愛さって、自分の思う通りになっている時、自分の利益になっている時、かもしれません(-_-;)

2005年の中津川一家6人殺傷事件は、今回の事件とは動機は違うように思いますが、本当に衝撃的で悲惨な事件で忘れられません。

親戚だから、家族だがら、親だからと言っても、言葉の暴力を積まれると、見えない憎悪が溢れ出すとき、この世の物とは思えない現実に繋がってしまうのだと思います。

高千穂町一家殺害事件は犯人も被害者も全員が亡くなってしまっている状況で、どこまで事件が解明されていくのでしょうか。

懸命に捜査をされている方々も、尋常でない事件でお仕事とはいえ精神的な影響は今後出てくるのではないでしょうか。

メンタルケアが必要な方は、大勢いるのかもしれません。

12月2日更新

お読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする