【居場所ありますか】平成の暴走族は何処へ。広島の取り組みを全国へ!

今ではすっかりなりをひそめた「暴走族」。

広島の「暴走族」撲滅の取り組みが紹介されていました。

シリーズ「現場から、平成の記憶」のひとコマです。

ただ、最近「暴走族」はあまり聞きませんが、「半グレ」というグループに取って代わっているような気もします。

夢はありますか?

スポンサーリンク

その時。

今から20年ほど前、広島市の繁華街にあるイベント広場は・・


出典:TBSNEWS

「暴走族」が集会を開いていて占拠されていました。

すごい映像ですね。

懐かしくご覧になっている方もいるかもしれません(~_~;)

危険な運転を繰り返すだけでなく、繁華街のあちこちで集会を繰り広げる暴走族は、当時、広島の大きな社会問題になっていました。

 そして平成11年11月。広島の状況が全国に知れ渡る出来事が起きます。広島の祭り「えびす講」で、歩行者天国を占拠した暴走族と、警察が衝突したのです。

大規模な衝突は3日間にわたって続き、交通機関もストップするなど、街は混乱しました。警察は以後、徹底した暴走族の壊滅作戦に乗り出します。

引用:TBSNEWS

3日間も!


出典:TBSNEWS

規模が違います。

警察は、徹底した暴走族の壊滅作戦にでます。

暴走族の少年たちと向き合う

そんな中、立ち上がってくれた方々が!

吉川水貴さんは、当時、少年少女に声をかけて、暴走族から離脱するための支援活動をしていました。

警察の対策と並行して少年たちに声をかけて向き合おうという、市民の活動も強化されました。

さらに吉川さんは、少年たちの「居場所」も作ろうとしました。暴走族メンバーだけのサッカーチームです。

引用:TBSNEWS

市民の方々の地道な活動の取り組みが、尖っていた彼らの心に少しづつ響いていったのでしょう。

吉川水貴(きっかわみずき)さんのお話


出典:TBSNEWS

「(少年たちは)学校で相手にされず、家庭でも居場所がない。認めてもらえないから目立って無理やり存在感をアピールする」

「(暴走族に)入ってチームをつくったら、なかなか辞められない。ただ犯罪には走るな、損するよ・・・と」

声をかけてもらうだけで、気に留めてくれる人がいるだけで、うれしかった少年も沢山いたのではないでしょうか。


出典:TBSNEWS

自分ではどうすることもできない状況。

仲間といる安心感は、罪悪感も打ち消してくれていたのかもしれません。


出典:TBSNEWS

「理由はない。理由はわからない。ただただ大人として放っておけなかった」と。

サッカーチームの主将だった少年は

吉川さんが彼らの為に作った暴走族メンバーだけのサッカーチーム


出典:TBSNEWS

吉川さんとの出会いをきっかけにサッカーチームに入り、キャプテンも務めた男性は、現在は自ら立ち上げた建設会社の社長さんだそうです!


出典:TBSNEWS

人間関係やコミュニケーションの取り方でいろいろと問題が多い現代ですが、未来が開けるのもやはり人のお陰なのですね。

警察と市民が「まちを挙げた」取り組みを続けた結果、広島では5年前を最後に組織だった暴走族は確認されていません。しかし、吉川さんは「かつての暴走族と同じようなさみしさを抱える子どもたちはいまもいる」と話します。

引用:TBSNEWS

スポンサーリンク

ネットの反応

★今と違いやんちゃでも警察官や先生になった人もいる。
今の時代なら過去にバカをしていたらデジタルでその人の履歴をたどれるが昔はアナログだから記録を探すのが大変。人に誉められるようにするべきでは無いが我欲を欲しいなら人には迷惑を掛けないように大人はするべきだと思う。

★集団で走らなくなっただけで消えたわけではありません。
数人で好きなように走ったり、ロケットカウルの族車に半キャップでコールしながら通勤する若者の姿を広島では未だに見かけます。
関東だと中高年の旧車會が残ってる程度なのに。
もはや伝統芸の継承のように見えますね。

★暴走族は悪いと思うんだけど悪くなる原因はなんだろうね。一人一人抱えてる問題はあると思うけど、家に居たく無いって事は家族とのコミュニケーションが取れてないって事なのかなと勝手に推測します。暴力的になるなら格闘技でもやるといいんでないかな。何か楽しめる打ち込めるものがあるといいんだけどね。

★いつも警察24時で特集されてたのを思い出した。
道路封鎖する道具を試行錯誤して使ったり、田んぼの中まで走って追いかけたりしてたね。
不謹慎だけど、警察と暴走族の攻防が面白くて好きだった。
最近はどんな事件事故もほぼ薬物絡み、SNSを使った性犯罪も多くて時代を感じる。

家庭の財布の中身が寂しいと心の寂しい子供が増えてしまう。
要は貧困家庭ほど非行に走りやすいと思うので、学童保育を義務教育期間中はセッティングすれば非行に走りにくくなると思う。

引用:Yahoo!コメント

おわりに

人は自分の居場所や、自分を心配してくれる人がいてこそ、自分を大切にできるそうです。

当たり前の日常が本当はとってもありがたい事なのかもしれません。

自分のほっとできる居場所、ありますか?

今は暴走族は減っているかもしれませんが、SNSの発達で会わなくても集会できますもんね💦

今の日本は6人にひとりの割合で、一日一食の児童がいるそうです。

朝食を取らない子が多くて、地域で朝食を無料で出す取り組みをニュースで見たことがあります。

廃棄食材が問題になっている飽食の日本ですが、先立つもの=お金が無ければ手にできません。

貧困が非行に繋がってしまう事もあります。

そうかと思えば、、共働きでお金だけを与えられて、摂取カロリーは足りていても好きなものしか食べない為に栄養素が足りていない子供達が増えているそうです。

寂しさが非行に繋がってしまう事もあります。

ロコモーティブシンドローム(運動器症候群)というのは、高齢者の体力の衰え等で使われることが多いですが、子供の場合は、発達すべき時にきちんと発達できていない為におこる、現代病のひとつで、こちらの方が深刻な問題です。

未曽有の高齢社会に突入の日本ですが、今の若者達が65歳を迎えるころ、身体は大丈夫でしょうか。

今、自分のできることから始めてみるのはいかがでしょう!

明日は何か変わるかも。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする