【千葉】また運転操作ミスか?ライブハウス「K’s Dream」に乗用車突っ込む!

千葉市稲毛区のライブハウスに59歳の男性運転の乗用車が突っ込む事故がありました。

1階のライブハウスは見るも無残な事に・・・

1月中の公演は全て中止に。

事故当時、お店は営業していなかったため、幸いにも事故に巻き込まれた方はいませんでしたが、年明けから厳しい。

運転手は「事故当時を覚えていない」と言っているようです。

スポンサーリンク

事故概要

12日午後、千葉市のライブハウスに車が突っ込む事故があり、車に乗っていた2人が軽いケガをした。

警察によると、12日午後2時半頃、千葉市のライブハウスの従業員から「店に車がぶつかった」と通報があった。警察官が駆けつけると、乗用車が店の入り口のガラス戸を破って約10メートル奥まで突っ込んでいたという。

従業員「すごい爆発音みたいな音がして、何事かと思って見てみたら、こういう状態でした」

当時、店は営業しておらず、車を運転していた59歳の男性と助手席にいた妻が腰に軽いケガをした。男性は現場近くの自宅に帰る途中で、当時の状況を「覚えていない」と話しているということで、警察が事故の経緯などを調べている。

引用:日テレNEWS

事故現場はライブハウス「K’s Dream」


出典:日テレNEWS

被害にあったのは、千葉市稲毛区にあるライブハウス「K’s Dream」。

公式ホームページでは、本日のライブの中止が記されています。

楽しみにしていた方も、関係者、出演予定だった方、大変残念ですし、3連休ですから明日以降の予定等、損失も大きいとおもわれます💦

1月中の公演は中止、ホームページ発表

残念なお知らせが「K’s Dream」ホームページに…

稲毛K‘s Dreamです。
1/12〜に起きました交通事故による営業中止により、皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

本日より保険会社との交渉が始まりましたが、作業日程や補償内容などまだまだ不透明な部分が多く、
すぐには正式な営業再開日程を出せない状況であります。
暫定的に定めた18日までの営業中止ですが、1月中はほぼ再開できない見通しとなってしまいました。

引用:K’s Dreamホームページ

ライブハウス「K’s Dream」ホームページはこちらから。

「K’s Dream」は総武線稲毛駅から5分と,近い立地のようです。

しかしながら、再開が長引けば、出演予定だったのグループは、他へ流れてしまいますし、賠償問題には先の事も絡んできそうです。

事故を起こした運転手の男性は59歳

お店に突っ込んだ乗用車の運転手は59歳で、助手席には妻とみられる女性と一緒でした。


出典:日テレNEWS

10メートルも!

アクセル踏みっぱなしじゃないと進まないと思います。

ドライブレーダーはついていたのでしょうか?


出典:日テレNEWS

悲惨な店内。

店の端まで行って止まった感があります。

1階と地下1階がライブハウス「K’s Dream」。


出典:日テレNEWS

…よかったですよね、この方巻き込まれなくて…

運転していた男性は事故当時の状況を覚えていないと言っているようです。

どういう事ですかね。

パニック状態で覚えていないのか、事の重大さに恐ろしくなって覚えていないと言ったのか、はたまた持病かなにか?

怖い・・

スポンサーリンク

ネットの反応

★自動ブレーキ搭載車の可能性もあるので、事故報道もしっかり調査してその点も報道してもらいたい。日本のメーカーもメルセデスみたいに事故車両の調査をするべきだと思う。

★ホンダセンシングは働かなかったか?

★相当な衝撃だったろうけどエアバッグ開いて無いよね。

引用:Yahoo!コメント

★どうなったらここに突っ込むんだ?

★59歳かぁ。定年前に、とんでもない事故を起こしてしまったよね。

★記憶障害?早く運転免許証の返還をしないと。

★自動ブレーキ付いて無いのか?
即刻、免許取消しと「覚えていない」原因を診察して治療して下さい!

引用:Yahoo!コメント

おわりに

何事にも「向き不向き」ってあります。

自動車の運転も年齢で一概に言えないところがあるのではないでしょうか。

人を殺してしまうかもしれない物を使うのに「18歳以上年齢無制限で同じルールで同じ場所を共有できるもの」なんて、運転免許以外にあるのでしょうか。

どうしてもおかしい気がします。

自動車メーカーは、車側ができる事を増やしてくれているのですが、「だから安心」と本当に言えるのでしょうか。

日本は高齢社会に突入しています。

イギリスでは97歳の王室・フィリップ殿下が交通事故を起こしています。

97歳💦

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする