【昭和大医学部】四十宮直樹(よそみやなおき)容疑者顔画像はこちら!風俗タイ人女性殺害容疑で逮捕。計画的か?凶器はトルクレンチ!

20歳の医学部の若者がホテルで19歳のタイ国籍の女性を殺害したとして、逮捕されました。

「強くたたき過ぎて・・」

容疑者は事件後、5階の部屋の窓から飛び降り、頭蓋骨骨折などの重傷で入院していました。

将来は人の命に係わる仕事に付くはずだったのでは。。。

スポンサーリンク

事件概要

東京都台東区のホテルで昨年12月、女性が死亡した事件で、警視庁下谷署は9日、千葉県船橋市前貝塚町、昭和大医学部2年の四十宮(よそみや)直樹容疑者(20)を殺人容疑で逮捕した。

 発表によると、四十宮容疑者は昨年12月18日夜、台東区根岸のホテル5階の一室で、タイ国籍の風俗店従業員セーンネ・パニダさん(19)に暴行を加えて殺害した疑い。「棒で強くたたいたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

引用:読売新聞

この工具の棒は

「棒を使って強くたたき過ぎて女性が亡くなった。殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

現場に残された四十宮容疑者のリュックから、セーンネさんの血がついたトルクレンチが発見されていた。四十宮容疑者は、大学を出て雑貨店でトルクレンチを購入し、ホテルに向かっていたという。署は、トルクレンチでセーンネさんの頭部を殴るなどしたとみて、動機とともに調べている。

引用:朝日新聞

トルクレンチって・・これです。


引用:FNN

逮捕容疑は、昨年12月18日午後8時半~同55分ごろ、東京都台東区のホテル室内で、派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん=同区=を、金属製のトルクレンチ(長さ36センチ、重さ835グラム)で頭を殴るなどして殺害したとしている。下谷署によると、四十宮容疑者は「棒で強くたたきすぎたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。

 四十宮容疑者は5階の部屋の窓から飛び降りて入院していた。2人に面識はない。四十宮容疑者は東京・秋葉原でトルクレンチを購入した後にホテルに向かったといい、下谷署は経緯を調べる。

引用:毎日新聞

5階から・・(-_-;)

続報では、

昭和大学医学部の四十宮直樹容疑者(20)は、2018年12月、台東区のホテルで、派遣型風俗店に勤務する当時19歳のタイ人の女性を殺害した疑いで逮捕され、逮捕後の取り調べでは、殺意を否認している。

しかし、四十宮容疑者は、逮捕前の任意の調べに対し、「外国人が風俗店に勤務していることや、時給が良いことが許せなく、殺そうと思った」などと話していたことが新たにわかった。

警視庁は、四十宮容疑者が外国人女性を無差別に狙った可能性があるとみて、くわしく調べている。

引用:FNN

14日追記

事件現場は現場はJR鶯谷駅そばのホテル街

 

四十宮直樹(よそみやなおき)容疑者顔画像・プロフィールは?

四十宮容疑者顔画像


出典:TBSNEWS


引用:FNN

頭蓋骨骨折・・

大手術だったようです。

5階から飛び降りての怪我としては、どうなのでしょうか。

事件からまだ2か月たっていません。

頭だけでなく、他も骨折などしなかったのかな。

無差別に外国人女性を狙った可能性も視野に捜査が進んでいるようですが、訳の分からない理由付けですね。(14日追記)

プロフィールは?

名前:四十宮直樹 (よそみやなおき)

年齢:20歳

学歴:昭和大医学部2年(2019.2.9現在)

住所:千葉県船橋市前貝塚町

家族:両親

両親と同居のようですが、他に兄弟がいるかは不明

昭和大学医学部キャンパス

昭和大学は大きく4つのキャンパスがあります。

その中で、医学部は昭和大学の教育の中心として旗の台にあり、キャンパスには大学病院も隣接しているようです。

昭和大学ホームページはこちら。 ⇒ 昭和大学

四十宮容疑者は

 

旗の台キャンパスまでは1時間半以上はかかる通学だったことに。

スポンサーリンク

ネットの反応

★私立の医学部に行くような経済的に恵まれた20歳の人間がどのようにしてこう考えるに至ったのだろうか。
昭和大は1年次は静岡で全寮制であることも関係してるのかな。
この人が医師になる過程の人間だったことも恐ろしい。

★殺人なんて独善的な理由が大半ではあるんだろうけど、想像以上に浅はかで拗らせた動機だった……
彼にとっては今後さらに生き辛い社会になると思うし、死ぬまで塀の中に居てもらった方が互いの為だと思う。

★医学部生が殺人って何を学んでたのやら…
こんな人間が将来的に医療機関で働いてたかもしれないと思うと恐ろしい。

引用:Yahoo!コメント

気づき

すでに凶器がトルクレンチとでている後に「棒」報道があったり、記者の担当の方の書き方だけでなく、各局の情報量によって、報道の差があるのでしょうか。

私たちも色々な視点で見る事が必要とされているように感じます。

さいごに

どんな職業でも、需要があるから成り立つのだと思いますし、セーンネ・パニダさんはタイから日本にどのような理由で来ていたかわかりません。

わかりませんが、19歳の若さで異国で命を奪われてしまったセーネンさん。

ご冥福をお祈りいたします。

2月14日更新

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする