【違法薬物MDMA】沢尻エリカ容疑者逮捕!どうなる「麒麟がくる」…NHKの悲劇

女優の沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕されました。

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に初出演が決まっていましたが・・・

NHKは「いだてん」ピエール瀧に続いての受難。

そして現在、小栗旬主演『人間失格 太宰治と3人の女たち』にも出演しています。

どうなってしまうのでしょう。

スポンサーリンク

概要

第一報は・・・

女優沢尻エリカ(33)が16日、合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで、警視庁組織犯罪対策部5課に逮捕されたことが分かった。

沢尻は来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の帰蝶(濃姫)役で、大河初出演することが発表されている。

引用:日刊スポーツ

逮捕前日、カメラに捉えられていました。


出典:TBSNEWS

六本木のクラブに向かうところだったようです。

 沢尻容疑者は15日夜から渋谷区内のクラブを訪れていたとみられ、警視庁は今後、入手ルートを調べる方針です。

引用:TBSNEWS

・・・・柔軟剤のCM・・長くシリーズでありますよね。

あちらの違約金なども、これからまた大変な事に・・

そして16日、18時からの警視庁の発表によりますと・・・

女優の沢尻エリカ容疑者は、東京・目黒区の自宅マンションで合成麻薬MDMA0.09グラムが入ったカプセル1つを所持していたとして、16日午後1時半過ぎ、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。

警視庁によると、沢尻容疑者の自宅玄関近くに置かれていたアクセサリーケースの中に白いカプセルが2つあり、警視庁本部で1つを緊急鑑定したところ、陽性反応が出たため緊急逮捕したという。

警視庁に情報提供があったことから捜査を開始し、16日午前8時ごろ、自宅を家宅捜索してMDMAの入ったカプセルや携帯電話などを押収したという。

沢尻容疑者は取り調べに素直に応じていて、「私のもので間違いない」と容疑を認めているという。

沢尻容疑者は午後7時に警視庁本部を出て東京湾岸署に身柄を移されていて、警視庁は今後、沢尻容疑者を本格的に取り調べ、MDMAの入手先の特定や使用の状況などについて詳しく調べる方針。

引用:日テレNEWS

情報提供があったようですね。


引用:日テレNEWS

車の中でどんな思いでいるのでしょうか・・・

バレるに決まっているのに、やめられない。。。

それが薬物なのです。

ホッとしてるかも・・・取り調べに素直に応じているようです。

17日、以前からMDMA使ったことがあるという旨の供述をしていることが分かったようです。

…ですよね。

合成麻薬MDMAとは。

覚醒剤のメタンフェタミンの芳香環にメチレンジオキシ基を導入した麻薬で,エクスタシーという通称で知られる。中枢神経系で精神機能の病態・生理のほとんどに影響を与える重要成分であるセロトニンへの作用が大きく,神経細胞毒作用によってセロトニン作動性ニューロンの退行性変化を引起す。最終的には神経破壊にいたり精神異常を示し,死亡する場合もある危険な麻薬である。最近,アメリカを中心に世界的広がりをみせており,国連条約で危険性の高い分類Iに入っている。

引用:ブリタニカ国際大百科

沢尻エリカ容疑者顔画像・プロフィールは?

沢尻エリカ顔画像


出典:エンタメRBB


出典:18時のNHKニュース

プロフィール

沢尻エリカは1986年4月8日生まれの33歳

父親が日本人、母親がアルジェリア系フランス人のハーフです。

お騒がせ女優として一時は芸能界から姿を消したこともある沢尻だが、最近は再び注目を集め、映画やドラマ、CMにと多岐にわたって活躍。

9月に公開されたヒロインを務める映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は現在も多くの劇場で公開されており、2020年1月から放送がスタートするNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演が決定していた。大河ドラマへの出演が発表され記者会見では「この20年間で培ったもの全て、今回この作品に捧げます」と声を震わせながら語っていた姿が記憶に新しい。

また、大河ドラマといえばついこの間、『いだてん』に出演決定していたピエール瀧やチュートリアル・徳井義実の騒動で NHKが対応に追われたばかり。今後のNHKの対応に注目が集まる。

引用:エンタメRBB


出典:テレ朝NEWS

スポンサーリンク

ネットの反応

・あらかじめわかってたんですね。
NHKとかはどうだったんでしょう。
大河のHPとかはそのままだけど、事前に削除も変更も出来ないでしょうし。
今頃天地をひっくり返したような騒ぎになっているでしょうけど。
皆様の受信料から作っているのだから、しっかり事前調査もしていただきたいとは思いますよ。

・逮捕される情報がもれてしまっているのも問題があると思うが。

・コレを気に、芋ヅル式に捕まえてほしいよね。

引用:Yahoo!コメント

・驚いた。夕刊紙が近々大物の捕り物があるって言ってたの、これか・・

・若い頃は色々トラブってたけど最近は落ち着いてきて女優としても人気あって再評価されてたのに残念

・日本のルール守る気ないのは、やっぱりあっち系なのか?って思う
すぐ復帰できるかどうかは事務所の力しだいなのだろうけど
そうなるとその事務所もこれから立場悪くなるだろうなぁ

引用:Yahoo!コメント

禁止薬物

大麻やコカインなど素人ではみな同じ「薬物」と思いがちですが、どのような違いがあるのでしょうか?

大麻取締法違反とは?

大麻取締法は、大麻の所持・譲渡・譲受・栽培を禁止しています。

これらに反した場合が違法になり、処罰の対象になるようです。

古谷容疑者は「栽培したのは間違いないが人には売っていない」といっているようですが、大麻取締法の所持・栽培にはあたりますね。

売る前・・もう少しで出荷できる状態だったかもしれません。

それと他の薬物と決定的に違う事があります。

それは、大麻は「使用が禁止されていない」点です!

そして、違反の対象になるのは大麻草で、種や成熟した茎は、取締りの対象にはならないようです。

因みにマリファナというのは大麻草のスペイン語訳で、大麻のことだそうです。

薬物の種類は?

大麻以外にも危険ドラッグ・脱法ハーブ・合法ドラックなど、一口に薬物と言ってもどのようなものがあるのでしょうか。

脱法ハーブ

覚醒剤、麻薬、大麻など規制薬物の化学構造に似せて作られている危険な商品で「アロマ」とか「お香」と称してインターネットで販売されていたりするそうです。

Watch out!

MDMA・MDA

沢尻容疑者が使用した合成麻薬です。

「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されます。

「エクスタシー」とか「ラブドラッグ」と呼ばれるそうです。

LSD・コカイン・ヘロイン

こちらも、「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されます。

覚せい剤

俗に「シャブ」と言われるもので、こちらは「覚せい剤取締法」で規制されます。

調べるととても色々な障害が起こるドラッグなのですが、精神科や心療内科などで処方される治療のための薬もあったりするため、細かく規制ラインがあるので、こちらでは種類までにします。

スポンサーリンク

生活に入り込む薬物

芸能界・スポーツ界に蔓延する薬物ですが、今や特別なものではなくなってきています。

そして海外との法律の違いもあり、安易に手を出してしまう一般人も少なくありません。

一時の快楽に逃げずに、ちょっと立ち止まって深呼吸!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする