【大麻パーティ】稲田英昭・南沢孝見・根岸義勝容疑者ら、渋谷の無許可バーで大麻所持で現行犯逮捕。

東京・渋谷のバーで大麻パーティを定期開催していたとみられる男女8人が、9日未明に店に踏み込んだ捜査員に現行犯逮捕されました。

テーブルの上には大麻が置かれていたそうです。

警視庁にタレコミがあったそうな・・・

スポンサーリンク

事件概要


出典:テレ朝news

 建築デザイナーの南沢孝見容疑者(48)と薬剤師の根岸義勝容疑者(36)ら男女8人は9日未明、渋谷区円山町のバーで大麻約1.2グラムを所持していた疑いが持たれています。

捜査関係者によりますと、南沢容疑者は毎週金曜日深夜にこの店を借りて知人とパーティーを開催していましたが、警視庁に「店内で薬物を使用している」という情報提供がありました。

捜査員が9日未明に店に踏み込んだところ、8人が囲んでいるテーブルの上に大麻が置かれていたということです。

南沢容疑者ら8人は容疑を否認しています。警視庁は南沢容疑者が大麻などを使用するパーティーを定期的に開催していたとみて入手先などを詳しく調べる方針です。

引用:テレ朝news

逮捕された他の男には60歳の住職もいるようです。

 逮捕されたのは自称・住職の稲田英昭容疑者(60)と自称・薬剤師の根岸義勝容疑者(36)ら8人で、午前2時ごろ、渋谷区円山町のマンションにあるバーで、乾燥大麻を所持していた疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、去年12月ごろ、「バーの中で薬物を使っている」という情報提供があり、捜査員が店内を確認したところ、8人が囲んでいる円卓の上に大麻が置いてあったということです。

引用:TBSNEWS

大麻の事件多い気がします。

事件現場

バーといっても、マンションの一室で、しかも無許可で営業していたようです。

稲田英昭・南沢孝見・根岸義勝容疑者顔画像は?


出典:TBSNEWS

建築デザイナー南沢孝見容疑者(48)ら、

名前が報道されている3人の顔画像は今のところ公開されていません。

スポンサーリンク

大麻取締法違反とは?

大麻取締法は、大麻の所持・譲渡・譲受・栽培を禁止しています。

これらに反した場合が違法になり、処罰の対象になるようです。

他の薬物と決定的に違う事

それは、大麻は「使用が禁止されていない」点です!

ただ・・「所持」が処罰の対象なのですから、使用はできませんよね(^^;

違反の対象になるのは大麻草で、種や成熟した茎は、取締りの対象にはならないようです。

他のドラッグ等について簡単にまとめてありますので、ご興味ある方はこちら。

⇒ 禁止薬物

ネットの反応

★関係ないけど、この間帰りに20代、かなり若い一般的に見えるカップルが話していたのを聞いてしまって。帰ったら大麻しようねとかなんとか。用語で話してなかったから、友達にでももらったんでしょうか?常習かはわからない感じ。
今、ルートさえ持ってれば、職業等関係なく簡単に手に入るんですね

★初犯なら執行猶予だけですぐ出れる。薬物使用を裁きたいのか裁きたくないのかよく分からない。

★職業が薬剤師とは。そちらの調合もお手の物なんですね

★普通に働いてればがっぽがっぽの人だったのに。がっぽがっぽだからやるのかもしれないけど。

引用:Yahoo!コメント

気になるご意見がありますね。

フツーにフツーの人達が、その怖さもわからず使ってしまっているのかもしれません。

おわりに

覚せい剤は、その種類も作用もいろいろですが、1度手を出したら抜け出せない魔物です。

そして、身体を蝕んで正常な感覚が失われていきます。

医療で使われるものから、簡単に手に入ってしまうドラッグもどきまで、巷には誘惑が沢山転がっています。

甘い誘いにご用心!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする