「妻が娘を絞め殺した」と夫が通報。添田光江容疑者顔画像、6歳娘の知的障害に悩んでいた45歳母親殺人容疑で逮捕。

13日夜、東京・板橋区の住宅で、母親に首を絞めたとみられる女の子が意識不明の状態で見つかり、その後、死亡しました。

そして、45歳の母親が逮捕されました。

母親は娘の知的障害に悩んでいたようです。

スポンサーリンク

事件概要

 13日午後9時20分ごろ、板橋区泉町の住宅で、「妻が娘を絞め殺した」と帰宅した父親から通報がありました。

引用:TBSNEWS

 添田光恵容疑者は13日午後、板橋区にある自宅で長女の和希ちゃんの首を絞めて殺害した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、仕事から帰宅した夫が添田容疑者から「娘の首を絞めた」と言われて2階の寝室に行くと、和希ちゃんがぐったりとした状態で横たわっていたということです。和希ちゃんはまもなく死亡しました。

取り調べに対し、添田容疑者は容疑を認めていて「長女に知的障害があり、日頃から悩みがあった」などと話しているということです。警視庁が動機などを詳しく調べています。

引用:テレ朝news

事件現場

現場は、都営地下鉄三田線・本蓮沼駅の南西、およそ500メートルの住宅街です。

便利なところのようですね。

添田光恵容疑者顔画像


引用:テレ朝news

高齢出産でがんばってきたのですね。。

明らかに円形脱毛症になっています。

和希ちゃんがどのくらいの知的障害かわかりません。

同じような境遇の方と話せていたのでしょうか。


出典:TBSNEWS

立派なお宅に見えます。

夫は協力的だったのでしょうか。

子育ての悩みは違いますが、

1月に幼稚園入園前の男の子を手にかけたお母さんの事件。

障害が無くても事件は起きてしまいます。⇒ 浜松市事件

スポンサーリンク

ネットの反応

★小学生の頃元同級生の子がお母さんによる無理心中に巻き込まれてなくなりました。知的障害のある子で小学校を途中で転校していってからの出来事ですが小学生が親に殺されてしまう事件を目にすると毎回思い出します。とてもかわいらしいいい子だったけど親御さんにしかわからない辛さがあったのだろうなとおもいます。
だとしても、親でも命を奪うのは絶対にしてはいけないこと。
6歳の女の子のご冥福をお祈りします。

★子供に危害を加えそうになったら、もう自分が外に出るなり別の部屋に行くなり出来なかったのか。殺すくらいなら、育児放棄して自分の元から離す方が未来があったのに。

★これは虐待ではなく思いつめた挙句の殺人な気がする。殺すくらいなら捨ててあげて欲しい。その子には実母と離れても何か楽しく幸せな事が待っていたかもしれない。身勝手な親の行動は許せない。

引用:Yahoo!コメント

おわりに

 

犯罪にしても事件にしても、本当に人間の「我慢の線引き」が甘くなっていると感じる事ばかりです。

不都合があると、ベクトルを相手に向ける。

親子の場合、必ずしも仲良くなれるわけではありません。

ましてや自分の想い通りになるわけがない。

その上絶対に対等な立場にはならない。

親子になったからには親は努力をしなければなりません。

その子の親になる努力。

子供に合わせさせるものではない。

子供は、狂気の沙汰の大人には素手では勝てません。

自分で抑えられなくなったら、外に出ましょう。

人の沢山いるところに出ましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする