【2020インターハイ】北関東インハイを全国21府県で分散開催と発表。

2020年夏に茨城、栃木、群馬、埼玉の北関東4県で開催予定だった、全国高校総合体育大会(インターハイ)ですが、TOKYO2020の影響で、全国の21の府県での分散開催になることが発表されました。

来年7月24日から開催予定のオリンピック。

高校生の祭典インターハイも例年7月28日前後から3週間程の期間で熱戦が繰り広げられています。

スポンサーリンク

概要

全国高等学校体育連盟(全国高体連)は19日、調整が難航していた2020年夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)を全国21府県で分散開催すると発表した。当初は茨城、栃木、群馬、埼玉の北関東4県を中心に行う予定だった大会は東京五輪・パラリンピックの影響で競技会場や選手、関係者らの宿泊施設の確保が困難なため、異例の広域開催となった。

 昨年7月までに決まっていなかった競技では、柔道が兵庫県(神戸市)、ボートは大阪府(都市は調整中)、ボクシングは岩手県(釜石市)となった。体操は開催地が既に確定しているが、まだ公表できないとした。

引用:KYODO

高校総体(インターハイ)は2010年の沖縄県での県単独開催を最後に、2011年からは青森県、岩手県、秋田県、宮城県の北東北大会という複数県での開催に変わっています。

2011年は、東日本大震災に見舞われ、開催が危ぶまれましたが、宮城県での開催予定競技を他の県に変更し、復興を祈り、応援しながらの開催でした。

年表はこちら ⇒ Weblio

今年は、南部九州総体です!


引用:南部九州総体

詳しい情報はこちらから。 ⇒ 感動は無限大!南部九州総体

2020年は総合開会式はリアルに集まってできないと思いますが、そこは現代のテクノロジーで何とかしてくれるでしょう!

全力で!

毎年開催されるインターハイですが、選手のチャンスは高校生の間だけ。

それぞれのドラマがあります。

過酷な練習の上に結果がついてきます。

一度怪我をしてしまうと、次のチャンスは誰かの所へ行ってしまうかも。。。

練習のし過ぎに気を付けて怪我をしないように、自身で調整しましょう。

本番の為に練習しているのですから!!

皆さんの健闘を心からお祈りしています!

FIGHT!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする