【2020インターハイ】史上初中止決定・・北関東インハイは全国21府県で分散開催予定だったが…

夏に茨城、栃木、群馬、埼玉の北関東4県で開催予定だった全国高校総合体育大会(インターハイ)は、TOKYO2020の影響で、全国の21の府県での分散開催予定となっていました。

しかし3月24日、新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、東京オリンピック2020を1年程延期すると発表されました。

そして4月26日、インターハイ中止が決定されました。

高校生の祭典インターハイは例年7月28日前後から3週間程の期間で熱戦が繰り広げられています。

今年は東京オリンピックと重なり、日程も厳しい中、分散開催による費用の増大で特別基金も設立されていましたが…

スポンサーリンク

2020インターハイ「魅せろ躍動・北関東総体」は分散開催予定だったが。

2020年(令和2年)の8月に開催される予定のインターハイは、全31競技のうち19競技は他県で行われる予定でした。

全国高等学校体育連盟(全国高体連)は19日、調整が難航していた2020年夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)を全国21府県で分散開催すると発表した。当初は茨城、栃木、群馬、埼玉の北関東4県を中心に行う予定だった大会は東京五輪・パラリンピックの影響で競技会場や選手、関係者らの宿泊施設の確保が困難なため、異例の広域開催となった。

引用:KYODO※2019年2月19日


出典:全国高等学校体育連盟

各競技の開催地


出典:全国高等学校体育連盟

見づらい場合はHPへ跳んでください(^_^;)

⇒ 全国高等学校体育連盟

ALSOKぐんまアリーナで総合開会式 

2020インターハイ総合開会式は2020年8月18日(火)群馬県の「ALSOKぐんまアリーナ」に決定していました。

ALSOKぐんまアリーナ 所在地


出典:群馬県HP

ALSOKぐんまアリーナは群馬県前橋市関根町800

「ALSOKぐんま総合スポーツセンター(群馬県総合スポーツセンター)」にあります。

とても充実した施設になっているようです。

行ってみたいですね♪

ALSOKぐんまアリーナ 最寄り駅

最寄り駅はJR上越線の群馬総社駅です。

駅からはバスを利用しますが、群馬総社駅からですと15分ほどでスポーツセンターに到着のようです。

その他の駅からや、車や飛行機などのアクセスはご参考までにこちらをどうぞ。

⇒ アクセスステーション

各県単独開催は2010年沖縄が最後

高校総体(インターハイ)は2010年の沖縄県での県単独開催を最後に、2011年からは青森県、岩手県、秋田県、宮城県の北東北大会という複数県での開催となりました

2011年は、東日本大震災に見舞われ、開催が危ぶまれましたが、宮城県での開催予定競技を他の県に変更し、復興を祈り、応援しながらの開催でした。

複数県開催でしたのでインターハイそのものを中止せずに済んだのかもしれません。

しかし、体育館の被災によりこの年の地区大会が中止されたところはあります。

高校生の現役は本当に短いです。

大会が減ると、その時の調子でまさかの番狂わせの期待は薄れ、ランキングで上位チームが順当になってしまう事もあったりしますよね。

年表はこちら ⇒ Weblio

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの猛威…オリンピック史上初の延期決定


出典:NHK

東京オリンピック・パラリンピックの1年程度の延期を決めたIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長が、NHKの単独インタビューに応じ延期の決断をした理由としてウイルスの感染がアフリカや南米にも広がりパンデミックが加速したことに加え各国に渡航禁止措置が広がったことをあげました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京大会の通常開催を目指してきたIOCは22日に延期の検討を始め、4週間以内に結論を出すことを発表しました。そのわずか2日後の24日、バッハ会長は安倍総理大臣との電話会談に臨み、史上初となる大会の1年程度の延期を決めました。

引用:NHK

3月25日追記

4月7日、関東、中国、九州の3地区で中止が決定

!詳しい事は各競技団体の専門部へお問い合わせください。

専門部とは各競技団体の事です。

新型コロナウイルスの影響でオリンピックが延期になり、各団体とも対応に追われていると思います。

非常事態宣言が発令され、日々変化している状況の中、競技関係の全ての方々が不安の中にいらっしゃると思います。

新型コロナウイルスの感染拡大で開催延期や中止が相次ぐプロスポーツと同様、高校スポーツ界も揺れている。各地で部活動が制限され、5月以降に行われる予定だったブロック大会は関東、中国、九州の3地区で中止の方針となった。7日には政府の緊急事態宣言が発令され、関係者からは今夏の全国高校総体(インターハイ)の中止もやむなしの声が上がっている。

引用:毎日新聞(4月7日)

地区別、競技別、それぞれのサイトでご確認ください。

間違いがあってはいけないのでこちらではここまでにさせていただきます。

各県でのお問い合わせはこちらをご参考までに。

⇒ 都道府県高等学校体育連盟一覧

4月7日追記

4月26日、2020インターハイ中止決定

全国高等学校体育連盟は新型コロナウイルス感染拡大を受け、今年の夏に開催予定だった全国高校総合体育大会「インターハイ」の中止を決定しました。全国高体連は26日にウェブ会議による臨時理事会で開催可否を協議。今年は東北から九州の21府県で分散開催される予定でした。インターハイは1963年から開催されていますが、中止は史上初となります

引用:テレ朝NEWS


出典:テレ朝NEWS

4月26日追記

分散開催予定で資金面でのご苦労をされてきた関係者の方々・・

インターハイ出場のチャンスはとても狭き門です。

オリンピック・パラリンピックの東京開催という国家的プロジェクトの一方で、インターハイを中止せずに実施すること、インターハイを目指し、日々真摯に取り組んでいる高校生アスリートの出場の機会が奪われてしまうことだけはなんとしても避けたいと考えています。

引用:全国高等学校体育連盟

大会関係者の方々のご苦労は並大抵ではありません。

そして分散開催による開催費用の不足により大会が中止の危機にありました


出典:全国高等学校体育連盟


出典:全国高等学校体育連盟

※ご興味ある方は是非各画像の出典元へ跳んでみてください!

来年の開催にあてられるのでしょうか?

当初オリンピック・パラリンピックの合間で開催予定

2020インターハイ開催期間
出典:全国高等学校体育連盟

高校生ですので夏休み開催で行われてきた全国大会。

選手も関係者も本当に厳しい季節の大会です。

特に屋外競技。

今年はまさかの事態に・・・

2019年「令和」最初のインターハイは、南部九州。

「平成」から「令和」に元号が変わり最初の南部九州総体2019★


引用:南部九州総体

※ヨット競技については令和6年(2024年)までは和歌山県の固定開催となっています。

インハイTVで動画観戦!

皆さん、インハイTVというのをご存知でしょうか?

SPORTS BULL という全国高校体育連盟公式の競技結果と動画が見られるサイトです。

2020.2.15現在でもサイトへは跳べますので、令和最初の2019年のインハイを振り返ってみてはいかがでしょう。

現役のアスリートの方は参考になる何かを見つけられるかもしれません(^^♪

サイトへはこちらから ⇒ インターハイ応援サイト

とうとう….

選手のチャンスは高校生の間だけ。

それぞれのドラマがあります。

過酷な練習の上に結果がついてきます。

一度怪我をしてしまうと、次のチャンスは誰かの所へ行ってしまうかも。。。

練習のし過ぎに注意して怪我をしないように、自身で調整。

それもアスリートとしてのひとつだと思います。

睡眠は特に大切です。

練習は本番の為にある!!….のに。

でも….

スポンサーリンク

乗り越えていく

未曽有の緊急事態の中、長期にわたり接触を減らすための自粛となり、3年生の選手の皆さんは集大成の年に満足に練習すらできない。

行き場のない悲しさ、辛さ、悔しさ…

今、世界中の多くの方々が、いろいろな方面で辛く苦しい現実に直面しています。

「命あってこそ」

そして、関係者の方々や各自治体で何か代替えになる様な試合、大会の場を作ろうと頑張ってくれています。

皆さまの未来に必ず大きな力になりますように。

2020年6月3日 更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする