【体験談・手根管症候群②】手術から1年経ちました。<IN MY CASE>

お役立ち

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)は、手のしびれ感を訴えて整形外科を受診する最も一般的な疾患です。

毎日使う手…1年前にこの疾患で両手を手術しました。今どんな状態かお伝えして、同じ疾患の方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

手術から1年経ちました。

 

新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が発令され、仕事が休みになったのを利用して、2020年5月19日に思い切って手根管症候群の手術をしてから1年。

手根管症候群の症状である、指先の痺れや親指母指球(親指の付け根)が痩せる現象はすっかり良くなっています。

ちょっと画像の明るさも違いますが・・・

 


左(術後1年)右上(術後1日)右下(術後16日)※画像転載禁止 

 

術後半年後の記事はこちら 

⇒ 【手根管症候群①】手術後に合併症が…!

 

 

ブシャール結節とバネ指

 

私の場合は術後にブシャール結節とバネ指の合併症が出てしまい、そちらに関してはいまだ症状が治まっていません。

 

 

ヘバーデン結節のテーピング療法】市販の指サポーターで改善 指の関節 ...

 

ブシャール結節とは

 

ブシャール結節指の第2関節(PIP関節)が変形して、痛みや動きの制限が生じる疾患で、類似疾患として指の第1関節(DIP関節)が変形するへバーテン結節があります。

どちらも原因は不明ですが、患者さんの体質的には似ているらしいです。

詳しくご覧になりたい場合はこちらから

⇒ KONENKI.Lab

 

私は10年程前にへバーテン結節を発症していて、水も溜まったり、骨棘もだいぶある状態でしたので明らかに体質的には変形性関節症になり易いのでしょう。

 

ばね指とは

 

靱帯性腱鞘は指に部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。

引用:日本整形外科学会

 

これをばね指(弾発指)と呼んでいます。

ばね指

出典:日本整形外科学会

 

合併症への対処法は?

 

私の場合、手根管症候群の手術(手根管開放術)翌日には指先の痺れは取れていてましたが、手術で切開している所はとても痛かったので、正直しばらくは本当に良くなるのか心配でした。

 

ユベラN

 

手の専門形成外科医の先生からは「ユベラE」というカプセルが1日3回処方されています。

ユベラNカプセル100mgの基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書 ...の画像

ビタミンEの欠乏予防や改善のために使われるほか、抹消血液の循環を促す作用があるため、末端の冷え性や頭痛、動脈硬化の方に処方されることのある薬剤です

引用:CLINIC FOR

 

ビタミン剤なので、美容外科でも処方されるようですが、手根管開放術後の場合は血液循環を促す作用の方での処方ですね。

悪玉コレステロール改善にも良いとおっしゃっていました。(内科の先生によると悪玉コレステロール改善は微々たるものとのご意見も💦)

 

 

エクオール

 

エクオールに関してはへバーテン結節やブシャール結節などの、指の変形性関節症との関係性は以前から指摘されているようで、更年期障害のお助け成分です。

ご興味あるからはこちら ⇒ KONENKI.Lab

 

エクオールを含んだカプセルや錠剤を自分で購入して補います。

色々なメーカーから出ていますが、あまりお手ごろ過ぎても成分が乏しかったり、あれこれ入っているとコスパ的に続けづらかったりします。

また、特効薬ではないので1週間や10日で効果が出るわけではありません。

 

私は「エクエル」という商品を4か月飲み続けてましたが、手術後あちこち痛くて嫌になり一時期辞めていました。お金もかかるし・・

でも、最近また気を取り直し、飲んではいますが、効いているのかわかりません(笑)

 

 

対処療法で改善されない場合

 

結局のところ、合併症については対処療法で良くしていくしかないようで、その効果が見られない場合は手術になる場合もあるそうです。

 

私の場合の対処療法は、自身で購入してのエクオールの補給、医師による「ユベラE」の処方や支配神経への注射になどでしょうか。

注射に関しては何度も制限なく出来る物ではないので医師との相談になります。

スポンサーリンク

 

 

 

 

この先は?

 

というわけで、手根管症候群で受けた手根管開放手術後、1年経った私の両手クビは今だ90度に曲げるのは難しく、痛みを伴っているわけです。

3人程同じ手術をした方のお話を聞きましたが、皆さんそれぞれだいぶ違った術後状態です(;・∀・)

私はというと、とにかく指先の痺れから解放されたのは良かったと思います。

 

セルフリハビリ続けます

私は50代に入り、今までのツケが一気にきている感があります(笑)

ですので、この先もマッサージとストレッチに重点を置いて、ただし少し痛みを伴う事も頑張りながら自身でリハビリを続けて行きます。

 

ただ、いつでもできる、どこでもできる、簡単にできるって、意外に後回しにして気づくとやってない!って事がおきませんか?

私はしょっちゅうあるので、時間を決めてやるように心がけてはいます…が…

 

適度に身体を動かし、食べる!

リハビリを続けながら、身体全体を動かすことを意識していこうと思います。

「適度に動く」って抽象的で難しいです。

私は仕事で大人の方への運動指導を少し行っていますが、体力って個人差がとても大きいので、目安としてはちょっときついなっていうくらいが自分の「適度」と見るのがいいかもしれません。(自覚的強度)

 

そして、バランスよく食べる!

スポンサーリンク

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ひとつの事例として、お役に立てれば幸いです。

 

1950年頃、日本の平均寿命はなんと、男性58歳、女性62歳。 

70年で人の寿命は20年も延びているわけです。「人生100年」と言いますが、それなりにいたわりながら使わないと身体も悲鳴をあげる年齢というのがおのずと見えてきます。

気持ちは若くいるのは大事ですが、身体とのギャップを受け入れる事はもっと大事ですね。

 

健康寿命と生涯寿命

 

健康寿命とは、簡単に言うと自立して元気に生活できる状態で、特に身体的に自分の意思で動ける状態のように思います。

 

生涯寿命とは、病気や認知症などで介護が必要になっている状態で命を繋いでいる事になります。ひとりでは生きられない状態です。介護というのは何も寝たきりだけの事ではなく、人の手を借りないと事が進まない場合は介護に入ると個人的には思っています。

健康寿命と生涯寿命の差は10年と言われている日本は、世界で1番寝たきり率が高い国でもあるようです・・・

 

 

自分次第

 

身体は使いすぎると壊れます。

身体(筋力)は使わなければ退化します。

このバランスは個人差が大きく、全ては自分でするしかないのです。

身体の主の自分しかわからない事がほとんどです。

自分自身で良い方向に持っていく事こそが、健康寿命を延ばす事だと思います。

 

実年齢は一晩寝れば誰でも増えますが、精神年齢は自分次第でいくらでも若く保つことはできます。

コロナ禍で悶々としていますが、マスクの下の口元は笑って過ごしたいものです。

口角上げて、進みましょう♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました