【鉄パイプ落下】和歌山酒直本社ビルの足場、26歳男性銀行員直撃!

19日、和歌山市で、ビルの屋上付近から工事用足場に使う鉄パイプが落下して、通行中の男性の頭に当たってしまいました。

男性は運ばれた病院で亡くなりました。。。

減少傾向にあるとはいえ、従業員の方も含めた「飛来・落下」死亡者数は年間10~20人台と横ばいだそうです…

スポンサーリンク

事故概要

 午前8時半ごろ、和歌山市十三番丁の路上で、「歩行中の男性が鉄パイプに当たってけがをしている」と複数の目撃者から消防に通報がありました。

 警察や消防によりますと、12階建てビルの屋上付近から、長さ1.5メートル、重さ5キロの鉄パイプが落下し、そばを歩いていた大阪市中央区の銀行員・板垣智之さん(26)の頭に直撃したということです。板垣さんは運ばれた病院で死亡しました。

 ビルでは、屋上に看板を設置する工事に伴う足場の撤去作業が行われていて、男性作業員が7人ほどいたということです。警察は業務上過失致死事件として調べています。

引用:TBSNEWS


出典:TBSNEWS

通報は複数件、8時半ごろ…

きっと出勤途中の出来事・・・


出典:TBSNEWS

看板を設置し終えた後の惨事・・・

このビルでは屋上に新しい看板を設置する工事が終わり、19日は午前8時ごろから複数の作業員が足場を解体する作業を行っていたということです。

警察によりますと、落下した鉄パイプは足場の一部として組まれていたものだということで、警察は作業員などから話を聞いて、解体作業の方法や安全管理に問題がなかったか詳しく調べています。
引用:NHK
 
事故現場近くのガソリンスタンドの男性店員の方は・・
「ガラガラという音がして振り返ると1メートルを超える長さの鉄パイプが落ちていました。工事は先月からやっていたように思います。近くでこんな事故が起きて怖いです」
引用:NHK
 

事故現場

現場は南海電鉄和歌山市駅近くのオフィス街。


出典:グーグルマップ

…グーグルマップで既に目立つ看板は設置されていました。

以前からあり、付け替えかもしれません。

それともマップの更新が最近?


出典:TBSNEWS

現場には7人ほどの作業員の方がいたようですが、複数人でのチェック等されていたのでしょうか?

気になります。

スポンサーリンク

板垣智之さんの頭を直撃

この事故で犠牲になってしまったのは、26歳の銀行員の青年です。。


出典:TBSNEWS

大阪から通勤のようですから、ご実家でしょうか・・

言葉がありません。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・辛いな。おこってはいけない事故。
26歳男性は本当に運が悪るかったとしか言いようがない。
何の罪もない。
作業現場の監督会社が責めを負うのだろう。
現場ではまじめに作業をしていただけの気持ちだろう。
被害者も加害者も今朝はいつもの毎日があっただけなのに。

引用:Yahoo!コメント

本当に・・・どちらにもいつもの朝だったはずです。

・若い銀行員、将来ある優秀な方だったのでは。
遺族の心情察するにあまりある。気の毒で言葉が無い。

・被害者の方のご冥福をお祈りします。
あってはならない事故、あっ!しまったでは済まない。
それを2度もするなんて信じられません。

引用:Yahoo!コメント

2度目の落下事故?

先週にも同じ現場で何かが落下しているようですが、詳しい事はわかりませんでした。

同じ様な状況で起きた事故だとすると、会社側の責任は重い。。。

スポンサーリンク

落下物による事故の背景に人材不足?

こんな記事を見つけました。

2020年東京五輪・パラリンピックに向け建設需要の高まりが想定される中、業界関係者からは抜本的な対策を求める声が上がっている。

厚生労働省によると、工事現場で足場から資材が落下するなど「飛来・落下」により作業員が負傷した労災事故は昨年1年間で1457件あった。過去5年間では減少傾向にあるが、死亡者数は10~20人台と横ばいのままだ。

歩行者など第三者が巻き込まれるケースも後を絶たず、「たまたま下に人がおらず、報告しないケースも無数にある」(建設関連業者)という。

落下事故防止をめぐっては、主に作業員の安全の観点から法規制が強化されてきた。

それでも事故が相次ぐ背景には、好況時に建設されたマンションなどが一斉に改修時期を迎え、建設業界が慢性的な人手不足に陥っていることもある。

引用:産経ニュース2017.10.13日号

※抜粋です。元記事をご覧になる場合は記事に跳んでご覧ください。

この記事から2年余り。

やはりまずは工事現場・落下物があるかもしれない場所はその時期避けて通るのも一つの策と言えるように思います!

来年に迫ったオリンピックに伴う工事作業や、何も大型施設の建設整備に限らず、マンションや戸建ても都心部はあちこちで新築ラッシュ。

作業員の方は引っ張りだこなのではないでしょうか。

また一方で、天災続きの日本は家屋の修理、空き家の解体等、ロボットが代行できない、人間の力が必要な事が多く発生しています。

そして、業界も高齢化は進んでいます。。。

『ご安全に!』

※鉄鋼メーカー勤務時工場の方とのやり取りで使っていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする