【悲痛】しつけでベランダに出した2歳児転落死亡。母親や家族の思いは…

5日お昼ごろ、大阪市浪速区のマンションでベランダから転落して2歳の男の子が亡くなりました。

「おもちゃを片付けず、しつけでベランダに出していた」と母親は言っています。

ご自宅のベランダに登れるようなものが置いていないか、小さなお子さんがいらっしゃる方はもう一度確認を!

スポンサーリンク

事故概要

5日、大阪市浪速区塩草1丁目のマンション敷地内で、3階に住む男児(2)が頭を強く打って倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡したと発表した。

母親(36)は「おもちゃを片付けず、しつけでベランダに出していた」と話しているという。府警は、男児が自宅ベランダから誤って転落したとみて経緯を調べている。

 ベランダの手すり壁は高さ約1・2メートルで、手前に水槽などが置かれていた。署は男児がこれらを踏み台にして転落した可能性が高いとみている。

男児は両親と兄(8)との4人暮らし。父親(36)は外出中で、兄は室内にいた。

引用:朝日新聞

お母さんは多かれ少なかれ大忙しのお正月。

浪速署への母親の説明によると、男児をベランダに連れ出したのは3日午前11時40分ごろ。「家族で遊びに出かける時間になってもおもちゃを散らかしたままだったため、しつけるつもりだった」と話しているという。男児の声が急に聞こえなくなって様子を見たところ、約9メートル下の敷地に倒れていたため、母親が同55分ごろに119番通報。男児は搬送されたが、5日に死亡した。

引用:朝日新聞

お昼からお出かけする予定だったのですね。

またまた、お母さんは出かける支度も自分と子供達の3人分。


出典:朝日新聞

初めてベランダに出してしまったのでしょうか?

踏み台になるものがあるのかも考えられなかったくらい、いっぱいいっぱいだったかもしれません。

「しつけ」といってもお出かけ前でバタバタの中、ちょっと出ていて欲しかっただけかもしれません。

「家族で出かけるところ」だったのですからもしかしたら、もうみんなの用意は終わっていて、お父さんも他の用意か何かでいなかった?

それとも・・・いつもの事だったのでしょうか。

急に声がしなくなって、慌ててサッシを開けて、ベランダ下の我が子を見つけたお母さんの心情を思うと…


出典:朝日新聞

亡くなった男の子が2歳何か月かわかりませんし、この時期発達度合いは個人差が激しく一概に線引きできませんが、好奇心旺盛な2歳児。

ベランダから入れてもらえないならと、別の方法を考えたのかも。

事故現場は

大阪市浪速区塩草1丁目・・・小学校、中学校、公園と子育てにはとても良い環境のようです。

お母さんは、第一子のお兄さんが8歳ですから、お兄さんの時とは違ってまた一からの事も多かったかもしれません。

元気な男の子相手は、親も体力勝負です!

スポンサーリンク

ネットの反応

★水槽とか万が一にも上に乗る可能性があるなら絶対に外に出すべきじゃないのは言うまでもない!母親の明らかな不注意というか責任。子どもが可哀想。

★躾のために外に出すことはあるかもしれないけど、真冬の寒空の下、おそらくはジャンパーも着せずに2歳の子供を10分間もベランダに放置は母親が責められても仕方ない。

★冬空の下、しかも二歳には厳しすぎるよ、理解まだ、出来ないと思うしトラウマになる。10分も長すぎるし、するならせめて見守らないと。事故だけど、虐待に近いのではないかな、母親には気の毒ですが、お子さんが寒空の下、落ちた恐怖がなんとも言えず不憫。怖かったよね。成仏してね。

★私もワンオペ育児です。2歳児は抱っこも凄いし。ストーカーも凄いし。言うこと聞かなくて辛いし。上の子も面倒見なきゃで、、、。何度も自分が自分じゃなくなる瞬間がありました。
その時、この血が上った瞬間に世の中の子育てしてるパパママの一部は、子供に手をかけてしまう人がいるんだろうな。って、自分自身で我にかえる時がありました。
子育てしてる方々は、あまり自分を責めないで色々楽して乗り過ごしてください。

引用:Yahoo!コメント

沢山の色々なご意見が寄せられていました。

読ませていただくだけで、色々なことを感じることができます。

今回はご意見を選んで掲載させていただいております。

ご興味ある方はYahoo!コメントへ。

おわりに

子育ては本当に大変です。

人を育てるのですから。

何が正解なのか誰にもわかりません。

同じ性格の親子の組み合わせはないのですから。

子供を自分の過失で死なせてしまった母親のその後が心配でなりません。

自分を責め続けてしまうのではないでしょうか。

一番わがままな時期は、

一番かわいい笑顔を沢山残してくれている時期でもあったかと。

どうか、父親がやさしく守ってくれる方でありますように。

そして突然弟を失ってしまったお兄ちゃんが、悲しみを乗り越え、いつかお母さんの悲しみを薄めてくれる子でありますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする