日本赤十字社・緊急車両、トレーラーに追突。ドライバーの鶴岡美佐夫さん死亡。

千葉市稲毛区で血液などを病院に運ぶ緊急車両が大型トレーラーに追突し、緊急車両を運転していた52歳の男性が亡くなりました。

血液は無事に運ばれたのでしょうか・・

スポンサーリンク

概要

4日午後3時ごろ、千葉市稲毛区園生町の国道16号で赤十字の血液などを病院に運ぶ緊急車両が大型トレーラーに追突した。この事故で緊急車両を運転していた日本赤十字社千葉県赤十字血液センター職員の鶴岡美佐夫さん(52)が病院に搬送されたが、死亡が確認された。トレーラーを運転していた千葉県四街道市鹿渡の会社員、川野英治さん(45)にけがはなかった。

 千葉北署によると、現場は右折レーンを含む片側3車線の見通しの良い直線道路。中央の車線を走行していたトレーラーがサイレンを鳴らす緊急車両に道を譲ろうと右折レーンへ移ったところ、緊急車両が後ろから追突したという。

 鶴岡さんに目立った外傷がないことなどから、同署は病気による突然死だった可能性が高いとみて、事故の詳しい状況を調べている。

引用:産経新聞

突然死・・運転中に・・

以前、アンパンマンのドキンちゃんの声優さんも確か車を運転中に異常がおこり、車を端に寄せてそのままお亡くなりに・・

事故現場は

千葉市稲毛区園生町の国道16号線は千葉県のスポーツセンター前の大通りです。

車の通りもかなりあったのではないかと思いますが、他の車両が巻き込まれ無かったことは不幸中の幸いです。

追突された車の運転手の川野さんにけがはなかったそうです。

トレーラーだったからですかね。

亡くなられたのは鶴岡美佐夫さん

緊急車両を運転中に突然死で亡くなったのは、日本赤十字社千葉県赤十字血液センター職員の鶴岡美佐夫さん52歳です。

緊急サイレンを鳴らしていたことから、血液を運んでいる途中だったと思われます。

鶴岡さんの持病が何なのかはわかりませんが、無念だったことでしょう。

ご家族もいらっしゃいますよね。

スポンサーリンク

突然死とは

症状が出現してから24時間以内に死亡に至ることである。虚血性心疾患、心室性不整脈、大動脈瘤破裂、脳血管障害、てんかん重積発作、喘息重積など死因が特定できるものと、解剖などによっても疾患の特定できない原因不明の突然死がある。

引用:ウイキペディア

突然死ってどのようなものがあるのでしょうか。

どんな時になり易いなどはあるのでしょうか。

突然死の原因

多くの突然死が原因不明であるが、原因のわかる突然死もあるためそれについて記す。 心疾患などの心臓の致命的な反応を引き起こす要因として、心理的無力感や絶望といったストレスから生じるものが多いと考えられる

引用:ウイキペディア

なるほど・・ストレス・・

突然死になりやすい心筋梗塞・狭心症

心筋梗塞・狭心症は、心臓に血液を運ぶ冠動脈に動脈硬化が進行して起こります。血管が血栓によって詰まってしまうのが「心筋梗塞」で、血管が狭くなるのが「狭心症」です。
心筋梗塞や狭心症が起こると、心臓を拍動させる心筋の電気的興奮が乱れ、「心室細動」などの突然死を引き起こす危険な不整脈を招いてしまいます。

引用:NHK健康

これは気を付けなければ!

心臓突然死

心臓突然死とは、健康だと考えられていた人が、突然に致死的心室性不整脈(心室細動など)に見舞われて、この不整脈が原因で心臓が正常に収縮することができなくなり、脳に血液が循環せず死に至る疾患です。日本においては、心臓突然死によって年間約6〜8万人が亡くなっております。
引用:ボストン・サイエンティフィック
 
鶴岡さんのご病気がなんだったのか、気になります。
 

ネットの反応

★緊急車両を1人で運転しているのって赤十字ぐらいだと思うけど?サイレンを鳴らしていても事故のリスクは当然上がるしやはり2人で運行すべきだと思う。今回は病死なのかもしれないが対策が必要であると思う。

★緊急走行中に病死したんかいな。気の毒やな。

★亡くなった方とトレーラーの運転手さんはお気の毒だと思う。
そして、血液は間に合ったのかも気になる。

★無謀に思えるほどスピードを出している血液輸送車を以前からよく見かけ、危ないと思っていた。
今日は帰路だったのか緊急走行時ではないのに、前の車を煽り気味に走っていた。
いつか事故が起こると心配してはいた。
早く届けることも大事だが、何より確実に届けなければ意味がない

引用:Yahoo!コメント

おわりに

もう15年以上まえですが、救急車が都電の踏切で乗用車と衝突して搬送不能になってしまい、もう一台救急車が来るという事がありました(;・∀・)

救急搬送途中で事故の方のその後はわかりませんが、ご意見にもありますように「確実に送り届ける」ことが最優先事項ですね!

一般のドライバーの皆さんも含め、安全運転を今一度心がけましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする