吉田慎毅郎(しんきろう)容疑者、田中元人(げんと)容疑者、大塚優(すぐる)容疑者顔画像はこちら!偽札1万円使用の疑いで逮捕。

神奈川・横浜市のコンビニエンスストアで、偽の1万円札を使った偽造通貨行使の疑いで、20代の男3人が逮捕されました。

中には三度目の逮捕の男も。

若い彼らの後ろには誰がいるのでしょうか。

また半グレ?

スポンサーリンク

事件概要


偽造通貨行使の疑いで逮捕されたのは、吉田慎毅郎容疑者(20)、田中元人容疑者(21)、大塚優容疑者(22)の3人。

吉田容疑者ら3人は、2018年8月、横浜市内のコンビニで飲み物を購入する際、偽の1万円札を使った疑いが持たれていて、実行役の大塚容疑者は、同じコンビニ店で直後に別の商品を購入した際にも、偽の1万円札を使ったという。

吉田容疑者らは、2018年8月下旬ごろ、神奈川県内で偽1万円札をおよそ50件使用したとみられ、警察は、組織的な犯行とみて捜査を進めている。

大塚容疑者は、横浜市と横須賀市で偽1万円札を使った疑いでも逮捕・起訴されていて、3度目の逮捕となる。

引用:FNN

50件・・50枚は使用していたわけです・・

偽札の使用は横浜市と横須賀市

こうしてみると、横浜市は広い!

横浜中華街をはじめ、横浜・横須賀地区は観光客も多く偽札をつかいやすかったのでしょうか。

近隣の市の被害はなかったのでしょうか。

偽札の回収は済んでいるのだと思いますが、被害に遭われた方達のあわせて50万円程は・・・

戻ってはきませんよね(;’∀’)

逮捕された3人の男の顔画像


出典:FNN

吉田慎毅郎(よしだしんきろう)容疑者 20歳


出典:FNN

田中元人(たなかげんと)容疑者 21歳


出典:FNN

大塚優(おおつかすぐる)容疑者 22歳


出典:FNN

大塚容疑者は今回が3回目の逮捕に・・・

偽造通貨行使の量刑は?

偽造通貨行使罪(刑法第148条第2項)の法定刑は、無期又は3年以上の懲役であり、宣告刑が懲役3年となった場合又は酌量減刑のうえ懲役1年6月となった場合、執行猶予となる可能性はあります(刑法第25条第1項)。

引用:知恵袋

偽札を作るのもですが、使用したとなるとかなりの重罪です!

スポンサーリンク

ネットの反応

★まだ偽札を作ろうとする幼稚なガキやな。

★偽札偽造行使は意外と重罪。

★そんな才能に頭使うならまともに稼いだ方がいいと思う

★余罪も調べる必要があるかな。

★こいつら罪重いの分かってないな

★若くしてこのような犯罪に手を染めたこの子達は、将来的にまた悪さをするでしょうね。

引用:Yahoo!コメント

おわりに

警察は「組織的な犯行」とみて捜査を続けるようです。

逮捕の3人だけでしたことでは無い可能性の方が大きいように思えます。

バックには半グレか暴力団でしょうか・・

以前、偽札の番組を見たことがあります。

日本のメーカーだけが見事に偽札を判別していたのですが、それはドル札でした。

素人目には全く分からないようで、プロでも見分けるのは困難と。

技術の向上は、同じく犯罪への悪用も助けてしまう事は多々あり、イタチごっこは避けられないのかもしれません。

頑張れ正義!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする