【コカイン使用】3度目”ガザ入れ”!ピエール瀧こと瀧正則(たきまさのり)容疑者4月2日起訴。最後の‘味‘は逮捕の朝に・・・

俳優や電気グルーヴとして活動していたピエール瀧容疑者は、任意同行の尿検査でコカインの陽性反応が出た為逮捕されました。

「20代から使用していた」「ストレス解消の為」と供述をしているとの事です。

関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)の「三度目の正直」が実った逮捕劇のようです。

所属事務所は2日、瀧被告とのマネジメント契約を解除したことを公式ホームページ上で発表しました。

スポンサーリンク

事件概要


出典:NHK

麻薬取締法違反の疑いで逮捕された俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者は、勾留期限の2日に起訴される見通し。

ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)は、コカインを使用した疑いで3月12日、厚労省麻薬取締部に逮捕され、調べに対して「自宅とは別に借りている都内のマンションの部屋で、コカインを吸いました」などと容疑を認めている。

また瀧容疑者は、動機について、「ストレス解消のために使いました」、「最後に吸ったのは逮捕された日の朝でした」と供述している。

一方、今回の事件では、瀧容疑者にコカインを譲り渡した疑いで、20年来の友人の田坂真樹容疑者(48)も逮捕された。

瀧容疑者は、田坂容疑者からコカインを買ったことを認める供述をしているという。

東京地検は、勾留期限の2日、瀧容疑者を、マンションの部屋でコカインを使用した罪で起訴する方針。

引用:FNN

この事件の第一報は

俳優やミュージシャンとして幅広く活動しているピエール瀧容疑者がコカイン使用したとして、厚生労働省の麻薬取締部に逮捕されました。

逮捕されたのは俳優やミュージシャンとして活動しているピエール瀧、本名・瀧正則容疑者(51)です。

厚生労働省の関東信越厚生局麻薬取締部によりますと、違法薬物を使用しているという情報をもとに12日、瀧容疑者の自宅を捜索し本人に任意同行を求めて尿検査を行ったところコカインの陽性反応が出たということで、麻薬取締法違反の疑いが持たれています。

麻薬取締部によりますと調べに対して「コカインを使用したことに間違いありません」などと供述し容疑を認めているということです。

麻薬取締部が入手したいきさつなどを調べています。

引用:NHK

お子さんからご年配の方まで、「ピエール瀧」という名前と顔が一致する数少ない芸能人ではなかったでしょうか。

3月14日には検察庁に送られました。

関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)、執念の逮捕劇

麻薬および向精神薬取締法違反(使用)容疑によるミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)の逮捕は、関東信越厚生局麻薬取締部の「三度目の正直」だった。昨年、同部は著名人が関係する2件の違法薬物捜査で“ガサ入れ”を行ったが、いずれも逮捕に至らなかった。瀧容疑者は、これ以上失敗できない状況下での逮捕だった。

 本紙の取材では“2度の失敗”は、5月頃の有名人の息子の捜査と、9月頃の有名俳優の捜査。いずれも自宅に踏み込んで捜索したものの、薬物の使用や所持を裏付ける証拠を見つけることができなかった。

 瀧容疑者の逮捕も家宅捜索によるもの。今月12日午後6時頃、都内の自宅と車を捜索。違法薬物は発見できなかったが、任意で同行した上での尿検査でコカインの陽性反応が出た。捜査関係者は「相当近いところから確実な情報を得ていた」といい、昨秋から慎重に行動を確認してきた。

引用:スポニチ

コカインは持続性が短く、尿からも薬物反応が出なくなってしまう事も早いため、「まさに今!」のタイミングでないと難しいそうです。

4月2日の最新情報では、瀧容疑者がコカインを最後に吸ったのは逮捕された日の朝のようです。

マトリの地道な捜査と執念のたまもの。

20代からコカイン、大麻使用していた!!

そして、16日新たに

「20代のころからコカインや大麻を使っていた」。

新たな供述で、常習的に違法薬物を使っていた疑いが浮上。

コカイン使用の疑いで逮捕された、ピエール瀧、本名・瀧正則容疑者(51)が、厚生労働省麻薬取締部の調べに対し、「20代のころからコカインや大麻を使っていました」と供述していることが新たにわかった。

一方で、「使っていない時期もありました」とも話しているという。

また、瀧容疑者は12日に自宅を捜索された際、尿鑑定に応じる前からコカイン使用を認めたという。

麻薬取締部は、瀧容疑者が常習的に違法薬物を使っていた疑いもあるとみて調べている。

引用:FNN

「ストレス解消のために使った」と新たな供述も。

今頃禁断症状でしょうか・・なんてこと・・・

コカイン受け渡しで、田坂真樹容疑者逮捕されていた。

入手ルートが明らかになってきました。

神奈川・横浜市の通訳業・田坂真樹容疑者(48)は3月11日、ピエール瀧、本名・瀧正則容疑者(51)に対し、コカイン数グラムを譲り渡した疑いで逮捕されたが、その後の関係者への取材で、2人が、携帯電話のLINEで、コカインの受け渡しに関する連絡を取り合っていたことが新たにわかった。

田坂容疑者は、横浜市のコンビニの駐車場で、瀧容疑者にコカインを渡し、代金数万円を受け取ったとみられているが、田坂容疑者は、「中身がコカインとは知らなかった」と容疑を否認している。

引用:FNN

田坂容疑者の逮捕は3月11日。

瀧容疑者が逮捕された前日になります。

マトリが周りから確実に攻めて行っていたのですね。

田坂真樹容疑者顔画像は


引用:FNN

ピエール瀧顔画像・プロフィールは?

ピエール瀧容疑者顔画像

逮捕時の瀧容疑者です。


出典:グッドモーニング


出典:グッドモーニング

2016.2017.そして2019年2月・・

忙しくて少しシャープになってきたのでしょうか。

それとも・・・


出典:NHK

14日送検時の瀧容疑者

プロフィール


出典:ピエール瀧HP

ピエール瀧容疑者は静岡県出身の51歳。

1989年にバンド「電気グルーヴ」を結成。

海外ツアーでも人気を集めていたようです。

ホームページはこちらから ⇒ pierretaki


出典:グッドモーニング

30年来の仲間の石野卓球さんの心中はいかばかりか・・

瀧容疑者の関係番組の今後は?

電気グルーヴ活動は

週末には電気グルーヴ30周年コンサートのラストが控えていましたが…

3月15.16の Zepp Tokyoは中止されました。

SNSで今年1年限定で「ウルトラの瀧」で活動するって二人並んで楽しそうでした・・が。

4月、7月のフェスも白紙・・ですね。

当然か。

その他音楽関係では、ソニー・ミュージックレーベルズが、電気グルーヴ関連商品の出荷・配信停止と店頭在庫の回収を決めました。

何処までが・・・

相方の石野卓球さんのソロ活動にも影響が出ています。

年代の上の方は歌手だったの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

俳優としても幅広い役を演じていて映画やドラマなどに数多く出演し、映画「凶悪」では日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞しました。

映画「麻雀放浪記2020」4月5日公開予定

→ 3月20日、配給会社の東映は「ノーカットでの公開」を正式に発表しました。

映画「居眠り磐音」5月17日公開予定

→ 代役で瀧容疑者の部分を撮りなおすようです。(代役については後日の発表)

大河ドラマ「いだてん」代役は三宅弘城さん

NHKの木田幸紀・放送総局長は、20日の定例記者会見で、事件について「出演シーンのカットやNHKオンデマンドの配信に影響が出ており、大変遺憾だ」と言及。損害賠償請求については「現時点で具体的に答えられないが、恐らく検討することになる」との見方を示した。

 NHKは、「いだてん」の3月分の放送について、瀧容疑者の出演シーンがないように編集して放送。有料の番組配信サービス「NHKオンデマンド」では、同作(瀧容疑者の出演回のみ)や、過去に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」などの出演番組の配信を停止した。

引用:毎日新聞


大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の番組収録は3ヶ月先まで取り終えているそうですから、関係者の方々は今後の対応に頭を抱えている事でしょう・・大変だ・・


出典:NHK

NHKは、「いだてん」の3月分の放送について、瀧容疑者の出演シーンがないように編集して放送。 瀧容疑者の代役を務める俳優の三宅弘城さん(51)の登場は、4月28日放送の第16回からになると発表した。

引用:毎日新聞

オラフは・・

番組の司会や、吹替ではあの「オラフ」の声

と言えばわかるちびっこも多いのでは。

「アナと雪の女王2」ではまた楽しいオラフを・・のはずでしたが。

ピエール瀧容疑者は映画「アナと雪の女王」のオラフの吹き替えも担当していたが、「ウォルト・ディズニー・ジャパン」は声優の交代を発表した。

引用:日テレNEWS

オラフだけ吹替を取り直して、1,2とも新しい声優さんになるという事ですね。

その他、司会やナレーターで多数の番組に与える影響、損害は計り知れません。

3月15日、冠番組ともいえる、「ピエール瀧のしょんないTV」(木曜深夜0・25)は打ち切りが発表されました。

スポンサーリンク

コカインとは? 薬物の種類。

瀧容疑者は、紙幣をストロー状にして鼻から吸引していたようです。

瀧容疑者の自宅から押収された、細く丸められた状態の韓国ウォン紙幣1枚から、コカインの成分が検出されたこともわかった。

引用:FNN

コカインは

「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されています。

南アメリカのアンデス原産のコカノキ科のコカノキをはじめ,同属の植物各種の葉に含まれている結晶性のアルカロイド。おもに局所麻酔に用いられる。常用すると中毒症状を起しやすく,麻薬及び向精神薬取締法の対象となっている。モルヒネ中毒に比べて,散瞳や幻覚など特殊な知覚異常が認められている。南アメリカのインディオは傷にコカノキの葉をかんで塗ると痛みが軽減することを古くから知っていた。

引用:コトバンク


コカイン使用すると、眠らなくても食べなくても平気で、疲労を忘れる事ができるそうです・・


出典:グッドモーニング

神経を興奮させ幻覚症状があらわれ、一般的には覚醒剤に比べて持続する時間が短く、一日に何度も使用するケースがあるみたいです。

局所麻酔のしびれて感覚がなくなるのはコカインだったのですね。

知りませんでした。

薬物の種類は?

コカイン以外にも危険ドラッグ・脱法ハーブ・合法ドラックなど、一口に薬物と言ってもどのようなものがあるのでしょうか。

大麻

大麻の所持・譲渡・譲受・栽培は「大麻取締法」で規制されます。

大麻は他の薬物と決定的に違う事があります。

それは、「使用が禁止されていない」。

そして、違反の対象になるのは大麻草で、種や成熟した茎は、取締りの対象にはならないようです。

だから大麻の場合は「所持」での逮捕なのですね。

脱法ハーブ

覚醒剤、麻薬、大麻など規制薬物の化学構造に似せて作られている危険な商品で「アロマ」とか「お香」と称してインターネットで販売されていたりするそうです。

Watch out!

MDMA・MDA

これは以前芸能人が使用して名前が浸透したような。

「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されます。

「エクスタシー」とか「ラブドラッグ」と呼ばれるそうです。

LSD(リゼルグ酸ジエチルアミド)・ヘロイン・アヘン

こちらも、「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されます。

幻覚やフラッシュバック・強い快感など精神に影響を及ぼしいずれも大量摂取では死に至る事も。

覚せい剤

俗に「シャブ」と言われるもので、こちらは「覚せい剤取締法」で規制されます。

麻薬の中でもかなり効力の強い物だそうです。

調べるととても色々な障害が起こるドラッグなのですが、精神科や心療内科などで処方される治療のための薬もあったりするため、細かく規制ラインがあるので、こちらでは種類までにします。

ネットの反応

★正直に全て話して欲しい。長期にわたって使用してたとの事なので簡単には断ち切れないかも知れないけど施設に入ってきちんと断ち切って欲しいです。

★大物擁護で右往左往は良くないし
いくら欧米ではといっても
ここは欧米ではない

★厳罰に処して欲しい。

★初犯だからと執行猶予付くんだろうな。
捕まったのが初めてで30年とかやっていたんだから5年ぐらいぶち込んで良いと思うが。
こいつからまわった資金でどれだけ反社勢力が潤い犯罪組織を拡大したか。
その意味で作品にも罪があるし瀧にもその罪を問わなければならない。

引用:Yahoo!コメント

Sony Music Artists 契約解除を発表

ピエール瀧の所属事務所は、公式サイトで契約解除について載せています。

ご覧になる方はこちら ⇒ ソニーミュージックアーティスツ

スポンサーリンク

おわりに

人に夢を売りながら、自身の心を保つのがどれだけ大変なことなのかはわかりません。

役者は多重人格者になり切れる心のスイッチの切り替えができないと、日常を「自分」として生きていくのは大変。

人はもろいです。

瀧容疑者は逮捕されてホッとしているかもしれません。

瀧容疑者の場合、役者活動だけでなく番組の司会業などでも幅広く活動していたので、思春期の若者がどうとらえていくか・・

とても気になります。

大ほら吹きじゃないですか、ピエール瀧!

鼻で笑って、反面教師にしてほしい。

一晩寝れば歳は取る。

大人が偉いわけじゃない。

何もいつも同じじゃなくていい。

お読みいただきありがとうございます。

4月2日 更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする