警察認知の子供の虐待、過去最多に。国民意識の高まりで通報増加が一因か。

警察が認知した子どもの虐待の被害が増え続けています。

警察庁の担当者によりますと、国民の意識の高まりから通報が増え、虐待事件を把握しやすくなったことが増加の一因と考えられるということです。

去年1年間では全国で1394人にのぼり、過去最多となったことが分かりました。

スポンサーリンク

概要


 警察庁によりますと、去年1年間、全国の警察が摘発した児童虐待は1380件で、被害にあった子どもは1394人と過去最多を更新したということです。

 摘発した事件のうち身体的虐待がおよそ8割を占め、暴言などの心理的虐待でも35件が摘発されたということです。警察が一時保護した子どもの数も増えていて、去年は4571人でした。

 全国の警察が虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告した子どもの数も8万件を超えていて、10年前と比べ10倍以上に増えています。

 引用:TBSNEWS

対応する「人」は増えてますかね・・


出典:TBSNEWS

対応してくれる職員も人間です。

お役所の四角四面で事務的にやる事とはわけが違います。

病気を治すお医者さんとは方向が違いますが、児童相談所のもっと根本の精神的な人としてのところで職員の方々のフォローも必要です。

ご興味ある方は ⇒ 虐待から救う


出典:TBSNEWS

SNS世代

現代はインターネットの発達で昭和よりは孤独感が少ないかもしれません。

勿論また別の問題も多いですが、遠く離れていても繋がる事ができる道具を上手に使って、現代の子育てに活用していく。

そのためには、若い力、意見をどんどん取り入れなければ、後手後手に。

そして、人間の本質はかわらないのですから、ネットで一報通行ではなく、リアルに会話を沢山しなくては。

スポンサーリンク

ネットの反応

★表面化していない案件はもっとあるのだろうなと考えられる。
恐ろしい事だと思う。

★虐待が増えているのか、認知件数が上がって増えているように見えているのか?
核家族化して止める人間がいなくなって増えている(育児の相談する相手もいない)という側面もあるだろうけど、虐待への世間の関心がより高まって認知件数が上がっているという方が多いように思う。

引用:Yahoo!コメント

頑張りすぎず相談しましょう

子育ては大変です。

親も仙人ではありません。

寝顔に謝って、一緒に泣いている親御さんも少なくないはず。

どうかひとりで悩まず、相談しましょう。

相談する相手が自分の欲しい答えをくれなかったら、別の人に相談しましょう。

相手が必ずしも正しいわけじゃない。

おわりに

いつの時代も「今の若い人は」と言って自分たちの時代と違うという大人。

いつの時代にも、いろんな人がいる。

ただ、「我慢の線引き」が甘くなり、後先考えずその時の感情を相手にぶつける輩は残念ながら増えてるように思います。

虐待をする親の心を救わないと、弱い立場の子供たちが密室で耐えなければならない事は多くなるかもしれません。

地域で子供達を見守るために、少し周りに関心を持って欲しいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする