【三重県護国神社】宮司・中野雅史容疑者、さい銭泥棒で逮捕。世も末でございます(-_-;)

三重県護国神社(津市)で宮司のさい銭着服が発覚しました。

宮司は業務上横領容疑で逮捕され、調べに対し「小遣い欲しさに横領した」と容疑を認めているようです。

宮司とは、神社の代表者です。

やれやれ…

スポンサーリンク

概要


出典:三重県護国神社

三重県護国神社(津市)で初詣のさい銭を着服したとして、県警津署は31日、同神社の宮司、中野雅史容疑者(55)=津市栗真町屋町=を業務上横領容疑で逮捕した。「小遣い欲しさに横領した」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は県護国神社で1月2、4、5日の3日間に奉納されたさい銭計約2万5000円を着服したとしている。

中野容疑者はさい銭を管理する立場にあり、さい銭箱から回収後、社務所で保管していた。さい銭箱は鍵付きとみられ、中野容疑者が鍵を持っていた可能性があるという。

10日に同神社の関係者から「さい銭を横領しているのでは」と同署に相談があり、発覚した。

引用:毎日新聞

神社の関係者の方も信じたくなかった事でしょね。

中野雅史容疑者顔画像・Facebookアカウントは?

顔画像は公開されていません。

神職も欲には勝てず、やはり下界におりた55歳の人間でした。

Facebookアカウントは「三重県護国神社」のホームページはありました。

個人のアカウントは特定できませんでした⇒検索結果はこちら。

スポンサーリンク

護国神社とは

国事および戦争殉難者をまつった神社。1938年の内務省令により招魂社が1939年改称。

1府県1社を原則とした府県社に相当する社格をもつ指定護国神社と,村社相当の社格の指定外護国神社があった。

第2次大戦後は神社本庁傘下の宗教法人となる。

自衛隊関係者の公務災害による死者を祭神として合祀したことは政教分離上の問題となった。→靖国神社

引用:百科事典マイペディア

三重護国神社の本殿は、伊勢神宮外宮の「東宝殿」を第59回式年遷宮時に賜り移築され、昭和32年に造営復興された由緒ある建物です。

ご興味ある方はこちらから。⇒ 三重護国神社

ネットの反応

おわりに

職業によって、日常生活に制限が出てくる事はあります。

1回の過ちで天職と思われる職を一瞬で失う。

残念ながら中村容疑者は宮を司る仕事を自ら手放してしまいました。

2019年平成最後のお正月のおさい銭。

皆様の心は届いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする