【スマートガチャポン】バンダイがキャッスレス対応。魔法のカードは益々危険(;´Д`) 管理はしっかりと!

誰もが知っているバンダイは「ガチャポン」の生みの親でもあります。

お金を入れて回すとカプセルがでてくる「ガチャポン」。

何が出るかはお楽しみ。

そのバンダイ、キャッスレス時代に向け、電子マネー対応のガチャポンの設置を発表しました。

カードの管理、きちんとできていますか?

スポンサーリンク

スマートガチャポン設置へ


出典:Wikipedia

バンダイは18日、キャッシュレス決済に対応したカプセル入り玩具の新型自動販売機「スマートガシャポン」の設置を始めたと発表した。JR東日本Suica(スイカ)など計9種類の交通系電子マネーで支払うことができ、小銭なしで購入できる。

 既にJR池袋駅(東京)の「NewDays KIOSK 池袋駅南通路店」の店頭など都内2カ所で稼働している。5月末までに関東を中心に設置を増やし、今後はQRコードなどによる決済にも対応する予定。

 バンダイは1977年にカプセル自販機事業に参入し、ガシャポンという玩具の名前を定着させた。

引用:KYODO

お金を入れて回すと、ガチャガチャ音がしますよね。

出始めの頃は、高くて100円くらいでしたが、今では高額なガチャポンも出回っています。

大人向けのガチャポンなどもありますが、そのようなジャンルはバンダイが出している物ではないかもしれません。

池袋には既に設置されているようですから、ご利用された方もいらっしゃると思います。

㈱バンダイは日本のメーカー、玩具だけじゃない!

あらためてバンダイとはどんな会社なのでしょうか。


出典:バンダイHP

株式会社バンダイは、バンダイナムコグループの玩具、模型、既製服、生活用品等を手がけるメーカーです。

なんと、「変身」を商標登録しているんですって。

そうですよね~お子さん向けだと、例えばヒーロー戦隊ものだったら、変身グッズから文具、お弁当箱やパジャマまでの全てありますものね!

そして、1年で次のヒーローが・・(;^_^A


出典:バンダイHP

こうして、見るとキャラクターグッズのほとんどはバンダイが仕切っているのですね。

バンダイとナムコが2005年に合併して、2014年に「バンダイナムコ」ブランドへの統合に至っています。

詳しくはこちら ⇒ バンダイナムコホールディングス

スポンサーリンク

スマートガチャ使用できるのは9種類のカード

交通系電子マネーで支払うことができるようです。


出典:Suica

Suicaは利用できることが間違いありませんが、後の8種類がはっきりしません。

PASMOは使えそうですよね。

交通系ICカード全国相互利用可能エリア
出典:電子マネーの虎

関東圏から拡大して全国にでしょうから、これから使用できるカードも増えるかもしれません。

小学生以下のお子さんをお持ちの保護者の方は、「カードの使い方」を教えていく事が子育ての中に必須な時代になりました。

試されるのは大人かな?

ネットの反応

★子供に使わせたら大変なことになりそうだ。上限を厳しく設定できるようにしないといけないと思うよ。

★普通、ジャラジャラと百円玉持ってる訳じゃないので、
千円札の両替の手間が心理的な壁になっているからね。
大人向けのカプセルトイも増えているから、
子供の無駄遣いの心配よりも、大人の自制心が試されるな。

★大人買いする奴増えそう

★客なんて無限大に吐き出させる鴨だと思ってるからこうなるんだよ。しかも幼い子供と言う葱付き。

引用:Yahoo!コメント

スポンサーリンク

魔法のカード? ではありません!

クレジット機能がない、交通系電子マネーは、ほとんどの小学生が使った事があるのではないでしょうか。

地方でもバスなどはカードが多くなっていますよね。

遠征に出かけた少年サッカーチーム、カードでコンビニで買い物をしてた子がチームの子達の分も買ってあげたのですが、自分の電車に乗るお金がカードに残っていなくなってしまい、コーチが代わりに払ったという話を聞きました(;^_^A

小学校高学年のその子は、「魔法のカード」と呼んでいたそうです(笑)

初めてカードを使ったのかもしれませんし、お友達の前で頑張っちゃったのかもしれません。

無限ではない事をしっかりと家庭で話し合い、これからの時代に対応できるように楽しく使い方を学んで欲しいと思います。

リボ払いはやめましょう!!!

子供達の事だけと思っていませんか?

今や若くしてカードで破産する人が少なくありません

大人の方では、「実感のない浪費」で、桁違いにお金を使ってしまう場合も・・

ゲームの課金や、必要以上の買い物等で苦い思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ゼロ金利の今、クレジットでよく聞く「リボ払い」。

カードによっては作るときにすでにリボ契約の物がありますから要注意です。

クレジットカードリボ払いは定額以上を先送りで支払う分、高額な利子が必ず付くのです。

安いからと簡単に物を買うのではなく、着回し等工夫したり、兄弟姉妹で上手に使って楽しく節約しましょう。

「若い時の苦労は買ってもしろ」

って、死語になって欲しくないな(笑)

カジノが本当にできてしまったらと不安材料が多い未来ですが、便利さを上手に取り入れ、でも、思惑に引っかからないように頑張りましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする