【注意喚起】富山県砺波市・宮崎弘さん宅全焼。木造住宅あっという間に火の海に…

平成最後の年の瀬。

各地で火災による死亡事故が相次いでいます。

富山県砺波市では住宅を全焼する火事で一家5人のうち24歳男性の無事が確認されていますが、4人の方と連絡が取れておらず、3人の身元不明の遺体が確認されています。。

2019年を迎えても全国で火事が続いて犠牲者がでています。

今一度火の用心!

スポンサーリンク

概要

第一報は・・

14日未明、富山県砺波市で木造2階建て住宅を全焼する火事がありました。現在、この家に住む家族5人のうち4人と連絡が取れなくなっています。

 14日午前3時20分ごろ、富山県砺波市の宮崎弘さん(86)の自宅から火が出て、木造2階建て住宅を全焼しました。警察によりますと、宮崎さんは5人家族で、現在、宮崎さんと宮崎さんの妻、息子夫婦の4人と連絡が取れなくなっています。また、この火事で、宮崎さんの孫の男性(24)が2階から飛び降り、右足の骨を折る大けがをして病院に運ばれました。

 警察と消防は、午前9時半から実況見分を行っていて、出火原因を調べています。

引用:TBSNEWS


出典:TBSNEWS

ご自宅周りには趣のある塀が見て取れます。

親子三代でのお住いですから、築年数はかなり経っているように見えます。

事故現場

事故現場は富山県砺波市鹿島

この辺りは「散居村」と呼ばれる、広大な耕地の中に民家が散らばって点在する地域のようです。

富山県砺波市は四方を山々に囲まれた地域のようです。


出典:Googlemap

乾燥と風で一気に燃え広がってしまったのでしょうか。

宮崎さんご一家

同日夕方のnews everyでは、以前宮崎友之さんにインタビューする映像が出ていました。


出典:news every

夜中3時過ぎの出火で皆さん就寝していたとの報道です。

友之さんの息子の貴明さん24歳は2階から飛び降り、右手首と腰の骨を折る重傷を負いながらも無事が確認されています。

県警は15日、焼け跡から新たに1人の性別不明の遺体を発見したと明らかにしました。

身元不明の遺体は3名。

火元の特定はまだのようです。

ネットの反応

 

おわりに

火事は全てを焼き尽くしてしまう、痛ましい事故です。

命からがら助かった24歳の貴明さん。

家だけではなく祖父母、両親を一度に亡くしてしまっている可能性は限りなく大きい…

怪我をしっかり治して、たくましく生き抜いていって欲しいと願います。

今日も群馬で150平方メートルの木造住宅が全焼しています。

火の後始末、戸締りに十分注意して、慌てずに予定をこなしていきましょう。

2019年1月20日更新

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする