奈良判定生みの親・山根明前会長、除名処分正式決定。

日本ボクシング連盟は10日、山根明前会長を除名処分にすることを正式に決定しました。

山根前会長は、事前に連盟側から送られた弁明のための書類を未開封で送り返しています。

これで、すっきりとオリンピックに向けて、選手の方々は集中できるでしょうか。

スポンサーリンク

概要

山根前会長は、助成金の流用や過去の反社会的勢力との交友などの問題で去年8月、日本ボクシング連盟の会長職などを辞任していた。しかし、山根氏の一連の行動を問題視した連盟側は10日、総会を開いて、山根氏を除名処分とすることを提案し、3分の2以上の賛成を得て、正式に決定した。

総会に先立ち、連盟側は弁明の機会を与える内容の書類を山根氏に送ったが、未開封のまま返送されてきたという。

一方、山根氏は日本テレビの取材に対し、書類を送り返したことを認めた上で、「自分は連盟のことを認めていない。自分はもう一般市民だ。除名処分に関して言うことはない」と答えた。

引用:日テレNEWS


引用:日テレNEWS

本当に迫力ある方です。

スポンサーリンク

ネットの反応

★もうこれを機にバラエティーやワイドショー番組に出演させたりしないでほしい。こんな悪い奴を出演させてギャラを渡す必要ないので。

★完全にいかれた老人。こんな893みたいな奴にずっと支配されていたと思うとボクシング連盟もどうかしてると思う。
おもしろい発言でマスコミも注目してるけどただ相手にして欲しいだけだし構わない方が良いと思うよ。

★完全にいかれた老人。こんな893みたいな奴にずっと支配されていたと思うとボクシング連盟もどうかしてると思う。
おもしろい発言でマスコミも注目してるけどただ相手にして欲しいだけだし構わない方が良いと思うよ。

引用:Yahoo!コメント

おわりに

人がジャッジする競技は、どんなに公平と思われる審判でも、最後のさじ加減はその人にかかっています。

不公平なジャッジで悔し涙を流す選手が減り続けることを切に願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする