【高知県警】男性巡査長懲戒処分!好意を持った女性にストーカー?女性の住所特定し自宅窓ガラス割る!

高知県で警察内部のシステムを使い、好意を持った女性の住所を特定して自宅にまで押しかけ、窓ガラスを割った30代の巡査長。

恐ろしい。

ストーカー行為ではないのですかね?

巡査長は依願退職しています。

一般人は何だかモヤモヤしますが。。

スポンサーリンク

概要


出典:TBSNEWS

高知県内の警察署に勤めていた30代の男性巡査長が、好意を寄せた20代の女性の住所を警察内部のシステムを使って特定した上、女性の自宅の窓ガラスを割るなどしていたことがわかりました。

 高知県警は、この男性巡査長を先月15日付で減給10%、6か月の懲戒処分としていて、男性巡査長は、その日のうちに依願退職しています。

引用:TBSNEWS

何だか遠慮して書いてる記事なのか。。

2017年から2018年て少なくとも何か月かの期間、好意を持って、探っていて押し掛けたわけです。

女性はどのような立場の人だったのでしょうか。

何か相談に警察署に来たかたでしょうか。


出典:TBSNEWS

怖かったでしょうね・・・

この場合の懲戒処分の量刑は妥当なのかな?

懲戒処分とは

公務員における懲戒処分は、職員に非違行為があったとき、その職員に対する制裁としてなされる処分のことです。

免職 – 職員の意に反してその職を失わせる処分をいう。

降任 – 現に定められている職務の等級・階級を1ないし2下位のものに下すこと。

停職 – 一定期間、職務に従事させない処分をいう。国家公務員の場合は最低1日、最高1年までとなっている。

減給 – 職員に対する制裁として一定期間、職員の給与の一定割合を減額して支給する処分をいう。国家公務員の場合は人事院規則で、期間は最高で1年、額は俸給の20パーセント以内と定められている。

戒告(譴責:けんせき) – 職員の非違行為の責任を確認し、その将来を戒める処分をいう。

引用:Wikipedia

減給の場合、上限が20%なんですか。

それと、大事なことが載っていました!

警察官は免職以外であっても、以後の昇進は不可能になるので、処分を受けた時点で依願退職することになる。

引用:Wikipedia

なるほど、警察官は懲戒処分= 退職なわけです。

巡査長はそれで依願退職したわけか。

依願退職って、退職金出ますよね。

スポンサーリンク

ネットの反応

★不祥事を起こした警官が必ずと言っていいほど
依願退職するが、これ税金から退職金が出ている
不祥事なら依願ではなく懲戒免職にせいよ

事件ご明るみになるのを恐れていたので公表までに時間差がある。悪いことしたら固有の名前を出すべき。それは一般人でも警察などの公人でも同じこと。匿名を割り出すのが仕事でしょうが、自分たちの名前も伏せることなく固有で公表すべし。特別扱いするな。平等に扱うべきだ!

★これで終わりにするとこが警察のスゴイとこだな

★警察も信用出来なくなって来たな。

引用:Yahoo!コメント

おわりに

警察は潔く身内に甘くせず、しっかりと責任を果たしてほしいです。

他にも何かあるかもしれません。

一晩寝れば歳は取る。

それを偉いと勘違いの大人が多すぎると思います。

年齢、職業ではないのです。

保身に走る個人や組織は、知られたくない、なかったことにしたいとどんどんこじらせる。

そんな奴、周りにいませんか?

正直さには勇気が必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする