【名古屋】呆れた刑務官内田慶太(うちだけいた)容疑者、あおり運転の挙句、急発進で相手に怪我させ逮捕!その上・・

名古屋市瑞穂区内の市道で、あおり運転を巡る交通トラブルの末に男性にけがを負わせた31歳の刑務官が傷害の疑いで逮捕されました。

なんと刑務官は、「110番通報した」と相手に言われて、その場を逃走し、その後駐車場で事故を起こしています。

「早く家に帰りたかった」と言っているとか(-_-;)

スポンサーリンク

事件概要


出典:テレ朝news

 発表によると、内田容疑者は12日午後5時15分頃、同市瑞穂区内の市道で乗用車を運転し、同市天白区の会社員男性(38)の軽乗用車の前に割り込んで急停車。車外で男性と口論となった末に車を急発進し、そばにいた男性を転倒させて右足首に軽傷を負わせた疑い。調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。

 口論の際、男性が「妻が110番した。警察が来るのを待とう」と話したため、内田容疑者は逃走。男性の車のドライブレコーダーには、あおり運転をする内田容疑者の車が映っており、署員が行方を捜していたところ、瑞穂区内の駐車場で事故を起こした内田容疑者が自ら県警に通報してきたという。

引用:読売新聞

どんな煽りかというと・・・

600メートルにわたって男性の車の後ろで蛇行運転をしたり、ハイビームをつけたりするなどで、センターラインを越えて男性の車を追い抜いて停車した様子が、被害に遭った男性の車のドライブレコーダーにバッチリ映っていたわけです。

その理由が、


出典:テレ朝news

「早く家に・・」素直に言ってしまうところが、潔いのか幼稚なのか…お粗末です。

内田慶太(うちだけいた)容疑者顔画像・Facebookアカウントは?

内田容疑者の顔画像は現在は報道されていないようです。

今後追記していきます。

Facebookアカウントは検索しましたが本人と断定できるものはありませんでした。

検索結果はこちら

刑務官の職務は?

刑務官は、原則として刑務所、少年刑務所、または拘置所に勤務する国家公務員です!

名古屋には全国で8か所ある拘置所のひとつ「名古屋拘置所」があります。

通称「名刑(めいけい)」という名古屋刑務所は現在はみよし市にあるそうです。

拘置所では

拘置所での刑務官の職務は、受刑者を収容して、逃走や証拠の隠滅を防止することと、受刑者が公平な裁判を受けられるように配慮する役目があるそうです。

刑務所では

刑務所での刑務官の職務は、受刑者への指導を通じて、その社会復帰(改善更生)を実現できるように、様々な役目を担っているようです。

もしかして、内田容疑者もお世話になるのでしょうか。

身を持って体験・・笑えませんね。

内田容疑者がどこの勤務かはわかっていません。

スポンサーリンク

ネットの反応

自分が監視していた刑務所に入れるべきと思う。
そして自分が担当していた受刑者らに囲まれるといいと思う。
改めてドラレコの重要性を感じる。

★持つべきモノはドライブレコーダーと良識のある行動かな
最近の交通事犯はキチンと証拠が残るから、正しく対応することが大事だね

★最近ドライブレコーダーを取り付けたけど便利だし安心ですね。
駐車中の動体検知機能があるので当て逃げされた時とかにも役立ちそうです。
前方のみのタイプにしたけど、出来れば前後両方のタイプの方がいいのかも。

★安定した公務員生活が。
かっとするとろくな事ないね。

引用:Yahoo!コメント

実名報道から時間が経っても、かなりのご意見があり、関心の高さが伺えます。

おわりに

「名古屋走り」という言葉があるように、運転が荒いとされる名古屋地区。

大半の方々はそうでなくても、流れに乗るのもスムーズな運転のひとつの気もします。

交通違反とそうでないところの線引きと、何より安全運転で事故を防ぐ事は、運転する本人にかかっています。

高齢化が進み、横断歩道も広いところでは危ない場面も見受けます。

でも、万が一なにか起こってしまっても、生身の人と車では絶対に車が分が悪い。

慌てず、余裕を持って運転しましょう。

もちろん、高齢ドライバー対策は急務です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする